これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然災害

ハワイ島:キラウエア火山の爆発的噴火後も「亀裂」は数も規模もさらに拡大し続けている

投稿日:

5月18日のハワイ「ビッグアイランド・ニュース」より


Cracks Widen in Lower East Rift Zone

Sponsored Link


 

ハワイ島のキラウエア火山は、5月17日に爆発的噴火が発生し、このあたりが今回の噴火の最大のポイントかとも思われたのですが、しかし、どうやら活動はこれが頂点ではないようです。

キラウエア火山の東リフト帯(East Rift Zone)と呼ばれるエリアの広範囲で、そらに亀裂の大きさが拡大しており、また新たな亀裂も確認されています。

5月18日 ハワイ島レイラニ・エステーツ地区


bigislandnow.com


bigislandnow.com

東リフト帯というのは下のようになりまして、キラウエア火山から伸びている黄色で示されている帯上のエリアとなります。

キラウエア火山と東リフト帯の場所


Google Map , Big Island News

このエリアを見ていますと、現在継続しているハワイ島での「地震」の分布と非常に重なっていることがわかります。

下は 5月18日までの 1週間のハワイ島での地震の分布です。

2018年5月18日までの1週間のりハワイ島での地震


USGS

中長期のことはともかく、直近の状況としては、活動が収まっているとはいえない様子で、さらに拡大しても不思議ではない感じもあります。

噴火の亀裂により大きな影響を受けているレイラニ・エステーツという住宅地区の近郊には、「地獄のような様相」を呈している場所もあります。

5月18日 溶岩に飲み込まれたレイラニ・エステーツ近郊の光景

 


Kris Burmeister

いまだに影響そのものは限定的とはいえ、ハワイ当局は、アメリカ政府に緊急援助要請も出しており、今後の活動によっては、さらに新たな影響が出て来る可能性もありそうです。

なお、地質学の専門家たちは、爆発的噴火に関して、さらに大きなものが発生する可能性について言及していますが、仮にこの火山活動がハワイ島周辺の海底火山にまで波及していくようなことがあれば、いろいろと大変そうです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.