これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象

インド北部のジャンムーカシミールで異例の大雪。少なくとも11人が死亡し、農業とインフラに壊滅的な被害

投稿日:

2019年11月09日のインド北部ジャンムーカシミールの光景


jammulinksnews.com




北半球の各地が、時期としては異例の寒波と大雪に見舞われていますが、この寒気の影響は、インドにも及んでいます。

インド北部のジャンムーカシミール地方を中心に、11月初旬から異例の大雪が降っており、11月9日までに、少なくとも 11人が雪のために亡くなったと、インドのメディアは報じています。

画像などを見ますと、積雪量はかなりのもので、「時期として異例」というより、インドでの降雪として異例の状況といえそうです。

2019年11月09日のジャンムーカシミールの各地の様子


indianexpress.com


indianexpress.com


oneindia.com

この雪による人的被害も大きいですが、農業被害もかなりのものとなっているようです。この地方は、リンゴ農場などが多くありますが、軒並み被害を受けていると報じられています。

カシミールは、この果樹生産が最大の輸出産業となっています。


nationalheraldindia.com

また、交通やインフラへの影響も大きく、この地方の最大の空港であるリナガル国際空港の航空機の発着はすべてキャンセルされており、各地で交通事故や停電、地滑りなどによる道路の遮断などが各地で発生していると報じられています。

なお、地名について「ジャンムーカシミール」と表記していますが、実はなかなか複雑な事情のある場所で、インドのジャンムーカシミール州という地名は、今年 8月に「消えて」しまいました。

それについては、以下のような報道でご確認くださればと思います。

ジャンム・カシミール州の自治権を剥奪、2つの連邦直轄地に分割(日本貿易振興機構 JETRO 2019/08/09)

ですので、今はジャンムーカシミールとは呼ばないのですが、慣例的な意味でこのように表記しています。

今後の上空の寒気の流れの状態によっては、インドやパキスタンで異例の寒波や大雪に見舞われる地域がさらに増えるかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.