地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

有史以来の噴火から7年目にして、さらに迫力を増してきたインドネシア・シナブン火山の連日の光景

   

2017年11月3日のシナブン火山の噴火による火砕流


AFP

Sponsored Link

 

インドネシアにあるシナブン山は、2010年8月に有史以来初めての大噴火を起こしました。それ以来、2013年、2014年に大噴火を起こした後、今年 8月に火砕流を伴う大きな噴火を起こし、数千人が避難しています。

その時の噴火の様子は、記事、

過激化し続けるインドネシア・シナブン山 : 村ひとつが飲み込まれた噴火と火砕流のその壮絶な様相
 2017/08/12

の中でご紹介しました。

そのシナブン火山が、10月の終わりからまた活動が激しくなっていまして、11月3日には冒頭のような火砕流を発生させる大噴火を起こしました。今後さらに激しくなるのかどうかはわからないですが、一部地域の住民たちは避難を余儀なくされているままの状態が続いているようです。

最近のシナブン火山の噴火の様子をご紹介します。

インドネシア・シナブン火山の場所

Google Map

2017年11月のインドネシア・シナブン火山の様子

11月5日の噴火

twitter.com

火砕流を伴う噴火

AFP

噴火の中でキャベツを収穫する男性

vk.com

11月4日の噴火

vk.com

噴火を見つめる人

AFP

 - 火山噴火と地震活動, 自然の力 , , , ,