これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

「荒れた春」 : 4月半ばに「7州で猛吹雪警報」が発令されるという異常事態となっているアメリカ

投稿日:

2018年4月14日の米国ミネソタ州のローカル報道メディアより


Minnesota Poblic Radio

Sponsored Link


 

4の半ばということで、本来なら北半球は「春真っ盛り」の時期ですが、アメリカでは、中部などを中心に「異例ともいえる低い気温と4月の猛吹雪」に見舞われています。

4月13日の時点で、全米 7州に「暴風雪警報(ブリザード・アラート)」が発令されていて、アメリカ国立気象局によると下のようになっています。

アメリカ国立気象局の警報図は色分けが細かいのですが、大まかにいえば、「赤が暴風雪警報、「紫が低温に関する警報」、「茶色は強風に関する警報」となっています。

4月14日の全米の気象警報状況 アメリカ国立気象局発表


weather.gov

この季節はずれの雪と強風に関する警報が発令されている州は、

・サウスダコタ州
・カンザス州
・ミネソタ州
・コロラド州
・アイオワ州
・ウィスコンシン州
・ミシガン州

などとなっていて、他にも、雪と強風に関しての注意報などが 11州に発令されています。

そのどこの光景も真冬の風景そのものとなっていて、今年は平年の春とは、やや違っているようです。

4月13日 雪で閉鎖されたサウスダコタ州ラピッドシティの高速道路


rapidcityjournal.com

4月14日 本来なら春真っ只中のウィスコンシン州ミルウォーキー


vk.com

最新の天気予想によれば、4月15日から、さらに強風などが強くなっていく可能性があるようです。

それにより、気温が低いところでは、吹雪などの暴風雪への警報、そして、気温の高い地域では、山火事が起きやすくなっているとのことで、どの地域にしても、「荒れた春」となっているアメリカではあります。

下は、4月15日からの気象り予想図ですが、中央部を中心に荒れた天候になる場所が多いことがわかります。

4月15日からの全米の気象予想概念図


US weekend forecast: Triple threat of heavy rains, wildfires and blizzard

そして、このまま気温が上昇していった場合も、そらに荒れた天候が発生しやすくなることは、ほぼ確実で、春、夏、秋、とアメリカは極めて厳しい気候の中を進んで行きそうな気配が濃厚となっています。

気温も気候も世界中でかなり荒れた様相を呈していますが、さて、日本はどうなりますか。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.