これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象

中東オマーンとアラブ首長国連邦の砂漠が異例の雹嵐で真っ白に

投稿日:

2017年12月15日 雹嵐により白く染まったオマーンの砂漠

Storm centre

Oman Observer‏

Sponsored Link


 

この 12月の北半球は、全体的に冬の嵐や著しく低い気温などによる厳しい気候の場所が多くなっていますが、雪や雹(ひょう)とは基本的に無縁砂漠の国であるアラビア半島のオマーンとアラブ首長国連邦で激しい雹嵐が発生し、砂漠が白く覆われるという珍しい出来事が起きました。

雪の上を歩くラクダたち 12月15日

Storm centre

雪国のような光景となったオマーンの街 12月15日

Storm centre

ドバイの報道より

・Storm centre

その当日のアラビア半島付近の天気図を見てみますと、悪天候に襲われたのはイラン、アラブ首長国連邦、オマーンなどだったようです。

下の天気図は、緑と黄色の部分が悪天候をもたらした雲の分布となっているようです。

12月15日のアラビア半島付近の天気図(緑と黄色が雨雲)

Storm centre

基本的には、雹が降ったりするということはない土地ですので、中東のニュースでは大きく報じられていました。

砂漠が白く染まった後は、すぐに雹は溶けだし川となって流れだし、小さな洪水を発生させたようです。

雹の後の洪水の様子を伝えるドバイの報道

Storm centre

Storm centre

ここ1、2年は、アラビア半島の砂漠で、こういう今までなかったような天候が現れることがたびたびあり、こういうことが繰り返されると「砂漠ではなくなっていく」というようなこともあり得るのかもしれません。

実際、最近は一時的ということなのでしょうけれど、「緑化した砂漠」がサウジアラビアの各地に出現しています。

12月8日 緑化しているサウジアラビアの砂漠

twitter.com

今は大きく世界の「環境の配置転換」が進んでいる時なのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.