これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

バルカン半島のアルバニアで発生したM6.4地震の犠牲者は50人に達し、負傷者は2000名に拡大

投稿日:

地震後のアルバニアの首都ティラナ。被害家屋は1465棟に達する

Earthquake in Albania




 

11月26日、バルカン半島のアルバニアで、マグニチュード6.4の大きな地震が発生したことを以下の記事で取りあげました。

バルカン半島のアルバニアで同国として観測史上最大のマグニチュード6.4の地震が発生。少なくとも23人が死亡

それから数日経過し、被害の規模の実態が明らかになってきています。

12月1日の報道によれば、11月30日にアルバニア当局による救助活動は完了し、その結果、人的被害は「死者 50名、負傷者約 2000名」と発表されました。

また、首都ティラナを中心として、1465棟の建物が深刻な被害を受け、4000人が家を失ったと報じられています。


nypost.com


fobosplanet


fobosplanet

 
2019年11月26日のアルバニア地震の震源

・Google Map

余震も続いており、地震後 2日間で少なくとも 500回以上の余震が起きているようです。

以下は、地震発生翌日の 11月27日までのあいだの余震の発生状況ですが、かなり広い範囲で地震が発生しています。

アルバニア地震の余震の状況

temblor.net via The Watchers

また、アルバニアの M6.4の地震の後に地質学者たちが驚いたのは、バルカン半島の近隣地域で余震とは関係のない比較的大きな地震が発生したことです。

以下のように、アルバニアでの地震の約 6時間後に、ボスニア・ヘルツェゴビナのモステルという場所を震源とするマグニチュード 5.4の地震が発生したのです。

アルバニア地震後に周辺地域で発生した地震

temblor.net via The Watchers

ボスニア・ヘルツェゴビナで、このような規模の地震はやはり珍しく、アルバニアの地震と関連があるのかどうかが検討されています。ちなみに、地震の専門家たちは、バルカン半島で地震活動が活溌化していることを認めています。

なお、バルカン半島で記録された歴史上最大の地震は、アルバニアから東 165キロメートルにある北マケドニアの首都スコピエで発生したマグニチュード 6.4の地震で、これが発生したのが今から 56年前の 1963年のことでした。

今後もバルカン半島の地震活動が続くかどうかはわかりませんが、イタリアからバルカン半島にかけて、この数年、地震活動が活発であることは事実です。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.