これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 疾病と感染症

実質的にロックダウンを行わなかったチェコ共和国は、あっという間に新型コロナウイルスの流行が終焉し、社会はすでに正常に

投稿日:2020年5月10日 更新日:

5月7日 チェコ共和国オロモウツの公園の屋台でビールを楽しむ人々。

euronews.com




 

最近、チェコ共和国が、過去 500年で最悪の干ばつに直面しているという報道を目にしまして、「国境封鎖とロックダウンの渦中で大変だな」と思いまして、少しチェコ共和国についての記事を見ていましたら、初めて知りましたが、チェコも「ほとんどロックダウンを行わなかった国」のひとつでした。

形式上は、ロックダウンを行ってはいましたが、

「実質的に厳しいロックダウンはおこなわれなかったも同然」

の緩いものだっただったようで、政府は、屋外ではマスクを奨励することは通達しましたが、公園などでの屋外の活動などは基本的に認められていたのだそうです。

公的には、5月11日から屋外エリアのバーやレストラン営業が再開されるとしていますが、冒頭の写真を見る限り、それまでも、公園の屋台などは許可されていたようで、人々は公園でビールなどを飲んで過ごしていたようです。

スウェーデンほど自由にはしなかったようですけれど、チェコもまた、他のヨーロッパ諸国のような「厳格なロックダウン」は避けたようです。

その結果として、人々のストレスが低かったせいもあるのか、人口 1000万人程度のチェコ共和国の新型コロナウイルスの感染拡大は、他のヨーロッパ諸国と比べて圧倒的に低く(スウェーデンより低い)、感染者 8282人、死者276人となっています。

単純に他のヨーロッパ諸国と比較すると次のようになります。

・スペイン 感染者 26万 2783人 死者2万6478人 (人口 4600万人)
・イタリア 感染者 21万 8268人 死者3万395人 (人口 6000万人)
・イギリス 感染者 21万 5260人 死者3万1587人 (人口 6600万人)

・スウェーデン 感染者 2万5921人 死者3220人 (人口 1000万人)
・チェコ共和国 感染者 8282人 死者276人 (人口 1000万人)

壮絶な状況となっているスペインやイタリア、イギリス、フランスなどと比較すると、人口比でも、チェコ共和国は圧倒的に感染者も死亡者も少ないです。

最近は新規の感染者数も極端に少なくなっていまして、事実上、チェコの新型コロナウイルスの流行は終わったようです。

チェコはヨーロッパで最も新型コロナウイルス対策で成功した国家のひとつかもしれません。

5月初旬 マスクをしながら公園でイチャつくチェコ共和国のカップル

euronews.com

ただ、チェコ共和国もまた、他国との国境は閉鎖しており、自国の干ばつにより農業生産に問題が起きている中で、今後の苦労もありそうです。

いずれにしても、チェコの新型コロナウイルス騒動はすでに終わったようです。

ユーロニュースからご紹介します。

 


チェコ共和国は、厳格なロックダウンを行っていないにもかかわらず、これまでのところ最悪の新型コロナウイルスの流行を回避している

Coronavirus: Czechs so far avoid worst of COVID-19 despite lenient lockdown
euronews.com 2020/05/08

 

チェコ共和国は、現時点では、新型コロナウイルスの最悪の感染流行を脱することに成功しており、日常生活は比較的普通に続いている。

保育園、ジム、小さな店舗が再開しており、5月25日までには、ほぼすべてのビジネス活動が再開される予定だ。

5月8日の時点で、チェコ共和国(人口 1060万人)の新型コロナウイルスでの死者は 270人にとどまっており、総感染者数は 8,000人と低い数値となっている。

不思議なのは、チェコは、屋外の行動などに対して、比較的自由なロックダウンの政策をとっており、人々は比較的普通に生活しているのに、このような流行の抑制に成功していることだ。

チェコで新型コロナウイルスの感染が最も深刻である東部の都市オロモウツでさえ、公園では人々が芝生の上に座り、屋外カフェで売られているビールを楽しんでいた。

実際には、チェコ政府は屋外での行動についてのロックダウンのアドバイスを通達しているが、そのメッセージに矛盾があるか、あるいは、チェコの人々が、政府の通達を公然と無視しているという。

最近、欧州委員会によって行われた、チェコ人、スロバキア人、ハンガリー人、ポーランド人およびブルガリア人に関する最新の新型コロナウイルスに対しての世界的大流行警報調査では、チェコ人が最も「我々は新型ウイルスの影響は受けない」と考えており、それにより、この新型コロナウイルスに対しての危機によるパニックが最も少ないことがわかった。

調査対象の 5つの国のうち、チェコ人が、新型コロナウイルスに対して最も楽観的だった。

取材では、チェコ人たちは、彼らが公共の場で運動し、公園で楽しむことができていることについて、ほとんどの人たちが満足していると述べていた。

対照的に、フランス、スペイン、イギリスなど他のいくつかのヨーロッパ諸国は、国民の屋外での自由な行動を厳しく制限している。

新型コロナウイルスは、屋外では広がりにくいことを示唆するエビデンスがいくつかあるが、しかし、これは新しいウイルスであるため、明確に確認されてはいない。

中国の研究グループが 4月7日に発表した研究では、中国のさまざまな場所で 188件の新型コロナウイルスの感染の発生を測定したところ「屋外環境で特定された発生は 1件のみだった」ことがわかった。伝染の大部分は、家庭内または公共交通機関内だった。

また、日本での調査では、「新型コロナウイルスは、閉鎖環境(室内や電車内等)で感染する確率が、屋外環境と比較して 18.7倍高かった」ことがわかった。

しかし、チェコ政府も、野外での行動には「マスクの着用」を義務づけている。これに関しては、多くのチェコ人は無視することになく同意し、多くのチェコ人たちが屋外ではマスクをしている。

チェコが緩いロックダウンを課した期間は、約 3週間だった。4月上旬には、マスクなしで、公園や森で自転車やジョギングすることを許可し、ゴルフコースを含むスポーツ施設も 4月上旬に再開され、4月末には一部の体育館やフィットネスセンターも再開された。

現在、英国政府を含む他のヨーロッパの政府が国をビジネスを元に戻す方法として、チェコのモデルを観察しているという報告がある。


 

ここまでです。

なお、主要国でロックダウンをしなかった国については、以下の記事でご紹介しています。他に、台湾などもロックダウンはおこなっていません。

 

世界でたった3カ国の「ロックダウンも外出の自粛も店舗の閉鎖もしなかった国」スウェーデン、ベラルーシ、カンボジアの新型コロナウイルスに対しての「勝利」が明確に

 

これらのどの国も、基本的に、新型コロナウイルスの最悪の流行からはすでに脱しています。一方で、厳格なロックダウンを行っているヨーロッパ諸国はロシアを含めて、新型コロナウイルスでの死者数が泥沼の状態に突入しています。

 

>> In Deep メルマガのご案内
In Deepではメルマガも発行しています。ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。こちらをクリックされるか以下のバナーからご登録できます。
Photo







-パンデミック, 疾病と感染症
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.