これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 気になるニュース 疾病と感染症

パンデミック最新情報 2020-04-04 世界の感染者が100万人を突破。新型コロナウイルス患者は、回復しても深刻な後遺症が「一生残る可能性がある」ことが医学誌ランセットの論文で明らかに

投稿日:


Guardian

[日報]2020年04月04日の新型コロナウイルスの感染状況
世界全体の感染確認数 109万6446人 (前日比 +8万1381人)
世界全体の死者数  5万9120人(前日比 +5952人)
世界全体の致死率 5.39%
アメリカの感染確認数 27万6037人 (前日比 +3万1160人)
イタリアの致死率 12.2%




 

感染者は1000万人を超えているだろうとオーストラリアの最高医療責任者は言う

新型コロナウイルスの感染確認数は、4月3日に世界で 100万人を突破しました。感染確認数が多い国の推移は以下のようになっています。

アメリカは、1日 3万人増のペースとなっています。


coronavirus

ヨーロッパの増加ぶりも激しく、報道では、イタリアで「新たな感染確認者の増加率が減少した」と報じられていますが、完全外出禁止でこの状態だと、封鎖の解除の目処がまったく立たないことを現しているようにも思います。

世界全体の感染確認者は 100万人を超えていますが、オーストラリアの新型コロナウイルス対応の最高医療責任者であるブレンダン・マーフィー医師は、4月3日、英ガーディアンに、

「実際の感染者の数は 500万人から 1000万人だろう」

と述べています。

特に、アメリカは、27万人の感染確認者が出ていますが、マーフィー医師は、アメリカの患者数はそれどころではないだろうと述べています。

検査を受けていない人の感染率を考えると、このあたりの数字が妥当だということになるようです。

なお、これまで、症状が消えて退院した人たち、つまり、回復した人たちの数は、世界で 23万人近くに達していますが、これに関して、気になる報道がありまして、医学誌ランセットの論文や現場の臨床医などの談話として、「新型コロナウイルスの後遺症は、人により一生残る」という記事が、フランスの報道メディアで伝えられています。

その記事をご紹介しておきます。


 

回復者の一部は、新型コロナウイルスの合併症による後遺症が「生涯」続く可能性がある

For some survivors, coronavirus complications can last a ‘lifetime’
France24 2020/04/02

全世界で確認されたコロナウイルスの症例数は 100万人に達しているが、回復した人の数も、死亡者数の 4倍以上となっている。しかし、医療専門家たちは、COVID-19は肺、心臓、脳、その他の臓器に長期にわたる深刻な損傷を引き起こす可能性があり、一部の患者ではこれらの合併症は永続的である可能性があると述べた。

これまでに世界中でコロナウイルスが 950,000症例以上発生し、48,000人以上が死亡、そして、202,000人以上が回復している(4月1日時点)。

しかし、一部の COVID-19 からの生存者たちが「急性呼吸窮迫症候群(ARDS)」を発症したことを臨床医たちは指摘している。ARDSは、最悪の影響を受けた患者の場合は、生涯続く可能性がある深刻なものだ。

医学誌ランセットは、その警報を鳴らしたひとつであり、2月に武漢の患者グループの 29%が ARDS を受けたことを示す報告書を発表した。

イギリスの集中治療医学部による同様のレポートは、分析した集中治療患者の約 17%が ARDS を発症したことを報告している。

 

この後遺症は生涯続く

「新型コロナウイルスは適切な医療があれば回復する場合が多いですが、一部の生存者たちは長引く後遺症の問題を抱えています」とワシントン大学のリン・ゴールドマン氏は述べている。

米メイヨークリニック呼吸器科のオンジェン・ガジック医師は以下のように言う。

「 ARDS の深刻度により、影響は生涯に及びます。回復者の多くは仕事に戻ることができません」

ARDS は、1967年に最初に報告された。一般的な原因には、肺炎、敗血症、重篤なインフルエンザの症例が含まれる。症状には、極端な息切れ、疲労感、錯乱などがある。呼吸器系だけでなく、肺から十分な酸素が供給されないため、他の重要な臓器に損傷を与える可能性がある。

新型コロナウイルスの重症患者の場合、回復後でも肺の機能に影響を与え続ける可能性があるという。

 

回復はほんの始まりに過ぎない」と医師たちは言う

COVID-19の重症例では、「新型コロナウイルスによるウイルス性肺炎はインフルエンザよりも頻繁に ARDS に進行する」ことをガジック医師は見出している。

中長期的には、ARDS 患者にとって「肺機能の低下自体が顕著なわけではないのです」とガジック医師は続けた。これらの影響の最も深刻なものは、「身体的および機能的状態の低下、認知機能の変化および心理的影響」であるという。

ジョンズホプキンス大学医学部のパナギス・ガリアトサトス氏は、一部の生存者たちにとって、新型コロナウイルスによって引き起こされる ARDS の影響は「生涯消えない可能性がある」と述べる

ガリアトサトス氏は、「新型コロナウイルスからの回復は、それから続く病気との旅のほんの始まりに過ぎないのです」と述べた。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-パンデミック, 気になるニュース, 疾病と感染症
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.