これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然災害

歴史上最悪の山火事で焼け果て廃墟が広がるカリフォルニア州の光景。この火事での死者は31人、行方不明者は400人以上に

投稿日:

果てしなく焼けた後が続くカリフォルニア州ソノマ群


ABC News

数日前まで自分の家のあった場所を歩くソノマ郡の女性 10月9日


nymag.com

Sponsored Link


 

アメリカのカリフォルニア州で起きている山火事は、死者行方不明者を含めて、その被害規模はアメリカで発生した森林火災としては過去最悪となっています。

カリフォルニア州の山火事、死者31人に 1933年の被害超え過去最悪

産経ニュース 2017/10/13

AP通信は12日、米カリフォルニア州を襲った山火事の死者が 31人に上り、同州の山火事としては過去最悪となったと報じた。消防当局者の話としている。これまでの最多の被害は 1933年の 29人だった。

地元紙ロサンゼルス・タイムズによると、死者の半数以上がサンフランシスコ北方のワイン醸造所が並ぶソノマ郡に集中。一帯では依然として数百人の住民と連絡が取れない状態だ。

このうような被害となっていまして、そして、いまだに火災は鎮火されていないのですが、「消火された後の光景」もまた日に日に広大な面積に広がっていて、それは廃墟であり、まさに「火で焼きつくされた文明」の光景です。

下の写真は、カリフォルニア州ソノマ郡などに広がる10月13日までの様子です。

消失面積はこの時点ですでに 7万7000ヘクタールとなっていて、これは、ニューヨーク市全体の面積とほぼ同じだそうです。


ロイター


latimes.com


standard.co.uk


standard.co.uk

火災の前と後のソノマ郡

chicagotribune.com

そして、この火災は終息したどころか、「勢いを増す可能性がある」ことがアメリカの CNN で以下のように報じられています。

西海岸カリフォルニア州で発生した山火事について、当局は12日、危機的状況が収束するめどは依然として立っていないとの見方を示した。

米国立気象局は、14日にかけ現地で非常に強い風が吹くと予測。向こう1週間近くは降雨も見込めないとしている。

現時点で、ナパ郡とソラノ郡にまたがる地域約162平方キロ以上を焼いた火災の鎮火率はわずか3%。ナパ郡とソノマ郡にまたがる地域約137平方キロを焼いた火災の鎮火率も10%にとどまっている。

夏にハリケーンによる史上最悪の洪水で「水」に襲われたアメリカは、今度は「火」で大きな厄災の中にいます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-異常な現象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.