これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

「太陽活動と宇宙」 一覧

13日の金曜日の南極での日食。そして、これから1ヶ月の間に3回連続で月と太陽の「食」が発生する

2018/07/14    , , , ,

2018年7月13日 南極大陸から撮影された部分日食 ・Griffith Sky Report Sponsored Link   タイトルには何となく「南極」と入れましたが、7月13日、南半 ...



太陽に黒点がない中で出現し続けるあまりにも派手で示唆的なオーロラたち

2018年3月14日 ノルウェー・トロムソに出現したオーロラ ・Marianne Bergli ・Ole C Salomonsen Sponsored Link   現在、太陽には長いこと黒 ...

太陽黒点ゼロの下で出現し続ける強力なオーロラ群

2018年2月23日 アラスカ上空で撮影されたオーロラ ・vk.com Sponsored Link   太陽活動はさらに日々弱くなっていまして、この数日はまったく黒点が出ていない状況となっ ...



太陽活動縮小期に「時期はずれの太陽フレア」が立て続けに発生し、今週の地球は時期嵐の真っ只中に

2018年2月12日に発生した太陽フレア(3時間の動きを短縮) ・spaceweather.com Sponsored Link   少し前に、 ・半年ぶりに「時期はずれの急激な黒点数の増加 ...

強い太陽風の中でノルウェーの最北端に出現したモンスターのようなオーロラ群

2018年2月6日 ノルウェー・トロムソにて ・Markus Varik on February 6, 2018, Tromsø, Norway Sponsored Link   ここ数日、 ...



木星のオーロラは地球でのメカニズムから考えると「異常に不可解なもの」だったことが欧州宇宙機関の観測により判明

2017年10月30日の欧州宇宙機関のウェブサイトより ・ESA 木星の北極のオーロラ ・NASA Sponsored Link 地球で極地などにおいて多くのオーロラが観測されるように、宇宙の他の惑星 ...

「生命の種子」を連想させる火星の表面に見つかった全長7.7kmの奇妙な紋様

2017/10/27    , , , , , ,

カザフスタンの報道メディアより ・tengrinews.kz その物体、あるいは紋様 Sponsored Link 今回ご紹介するのは、数日前、火星表面に冒頭のような「奇妙な形のもの」が見出されたとい ...



中国:雲南省シャングリラ市で中秋の名月の中、天体と思われる火球が大爆発。同時刻に同じ場所でマグニチュード 2.1の衝撃が観測される

中国雲南省シャングリラ市で撮影された火球(明るいですが夜です) ・Facebook Sponsored Link   シャングリラ市の上空で爆発する火球 ・Facebook シャングリラ市の ...

特大の磁気嵐が地球各地にもたらしている壮絶なオーロラの数々の風景

9月28日 アラスカのフェアバンクス上空に出現したオーロラ ・Marketa Stanczykova Murray Sponsored Link   9月27日頃から現在まで、太陽のコロナホ ...



太陽嵐が地球に吹きまくる中でカナダの空に出現した「フェニックス」的なオーロラ

9月15日 カナダ・アルバータ州 カクワ州立公園にて ・spaceweathergallery.com ・spaceweathergallery.com この9月の地球は、比較的ずっと太陽からの磁気の ...

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.