これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然災害

穏やかな気候の冬のアイスランドを前代未聞の爆弾サイクロンが直撃し、「雪のカオス状態」に。全土で停電と交通の閉鎖が続く

投稿日:

2019年12月11日 完全に雪に閉ざされたアイスランドのアークレイリ

WEATHER/ METEO WORLD




 

アイスランドという国は、まあ、緯度の高い国ではありますから、ある程度寒い場所なのですけれど、暖流であるメキシコ湾流の影響を受ける場所のために、実は冬でもそれほど寒くないのです。冬の気温は日本の秋田県と同じほどだそう。

そしてまた、「冬の気候がとても穏やか」であることでも知られます。

こちらのアイスランド観光系のサイトにも、

> 冬はびっくりするほど穏やかな気候。

と書かれてあります。

そのアイスランドが、おそらく過去には1度もなかったような非常に荒い気象に見舞われました。

大雪とハリケーン級の暴風を伴う爆弾サイクロンが、12月10日にアイスランドを襲ったのです。この暴風雪は最初、アイスランドの西部を襲い、翌日の 12月11日には国の東部に移動しました。

12月11日のアイスランド周辺の暴風雨の雲の状況

Veourstofa Island

アイスランド当局によると、この暴風雪で、アイスランド全国のほぼすべての接続道路が閉鎖されたままであると 11日に述べています。

また、広範囲にわたる停電をもたらしまし、家屋やインフラにも被害が広がっていますが、人的な被害は報告されていません。
 

2019年12月11日 雪のカオスの中のアイスランド各地


WEATHER/ METEO WORLD


fobosplanet


fobosplanet


WEATHER/ METEO WORLD


fobosplanet

なお、この爆弾サイクロンは、イギリス方面に向かっており、12月14日頃から、南イングランドなどに強風をもたらす可能性があると発表されています。

今年のヨーロッパは、経験したことのないような気象が繰り返し発生していましたが、穏やかなアイスランドまでもがこのようなカオスに見舞われることになるとは想像できないことでした。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.