これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然災害

荒れすぎている気象 : アメリカで「三日間で67回の竜巻が発生する」という驚異的な破天荒の記録が作られる

投稿日:

2019年5月22日の米国CNNの報道より


There were reports of 30 tornadoes in the central US on Tuesday




 

アメリカの広範囲が、ものすごい悪天候に見舞われています。

冒頭の CNN の報道にありますように、5月21日には、アメリカ中部の各地で「 1日で 30の竜巻の発生が報告される」という、すさまじいことになっています。

米NBCの報道によりますと、その前の数日間も非常に激しい悪天候がアメリカを覆っていたようで、5月17日から 19日までの三日間で、5つの州で「 67の竜巻の発生」が確認されているのだそうです。

5月21日 オクラホマ州で撮影された巨大竜巻


Brandon VanDalsem

5月21日 竜巻に破壊されたオクラホマの家屋


NBC

この極端な悪天候の期間は、やや長い期間のものとなりそうで、5月17日頃から各地で始まったこの天候は、アメリカ中西部では、今週後半から来週くらいまで継続する可能性が高いのだそうです。

ミズーリ州では、今後も悪天候が尽くということに対して、5月22日に非常事態宣言が発令されました。

悪天候で破壊されたミズーリ州の建造物


Missouri governor declares State of Emergency in response to severe weather

また、悪天候の中で、洪水による壊滅的な被害の懸念がさらに拡大しています。

ミシシッピ川やミズーリ川の水位は上昇を続けていて、現在の悪天候がさらに続いた場合は、いよいよ深刻な洪水の影響の範囲が拡大すると見られています。

5月21日 水位が上昇し続けるミズーリ川


Flooding spreads across Kansas and Missouri, rains to continue Wednesday

繰り返される洪水や激しい悪天候は、今では多くの国で普通のことになったとはいえ、まだ 5月のアメリカで、こんなに竜巻や洪水が発生し続けているというのは、何だかものすごいことです。

平年なら、洪水や竜巻の本格的なシーズンは「これから」ですので、今後のアメリカの気象状況は懸念されるものだと思われます。

場合によっては、その影響は、食糧供給を含めた世界的なものとなる可能性もあるかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.