地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

オクラホマ州 : 過去8年で地震が「 4000 %」増加していることが判明。シェールガスの水圧破砕法が原因の可能性

   

oklahoma-4000-percent4000% increase in Oklahoma earthquakes induced by fluid injection

 

アメリカのオクラホマ州で、この数年、地震の発生数が異常ともいえる増加を見せていることは、これまでも何度か記事にしたことがありました。

最近では、1年ほど前ですが、

オクラホマ州での地震の発生数がいよいよ異常な領域に : 今年だけで地震の回数は「5000回超」
 2015/11/28

という記事において、2015年の地震の発生回数が 5000回に達したことをご紹介したことがあります。

そのオクラホマ州の地震の増加が、過去8年で「 4000 パーセント」に達したことが最近発表されました。

Sponsored Link


このオクラホマ州の増加は感覚的なものではなく、たとえばアメリカ地質調査所(USGS)のデータを見ても、2010年頃からの増加は普通ではありません。

オクラホマ州のM3以上の地震の発生数(1978年から2014年)

oklahoma-earthquake-dataIBTimes

2015年はさらに増えていますので、地震の増加に歯止めがかからなくなっている感じもうかがえます。

そもそも、最近の米国では、中規模以上の地震がほとんど発生していないのですが、その中で、オクラホマ州だけはコンスタントに中規模地震が発生し続けているのです。

たとえば、11月25日までの1ヶ月間で、アメリカでマグニチュード 4.5以上の地震が起きたのは(本来地震が多いアメリカ西海岸ではなく)オクラホマ州だけなのです。

us-1125-earthquake・USGS

もちろん、これより小さな地震が、オクラホマ州でおびただしく発生し続けています。

この地震の原因については、今では、シェールガスなどの掘削法として知られる「水圧破砕法」にあるということが確実視されています。英語では、フラッキング(Fracking)と呼ばれます。

水圧破砕法 – Wikipedia

水圧破砕法は、地下の岩体に超高圧の水を注入して亀裂を生じさせる手法である。高温岩体地熱発電や、シェールガス・シェールオイルの採取に用いられている。

化学物質による地下水の汚染、大量の水使用による地域の水不足の可能性、排水の地下圧入による地震発生の危険性といった問題点が指摘されている。

水圧破砕法のイメージ
fracking-image京都大学大学院工学研究科

 

この水圧破砕法と地震の発生についての関係が報道になることも多いです。

「水圧破砕法」よく使われる米オクラホマ州でM5.6の地震 (AFP 2016/09/04)
水圧破砕法、カナダで地震の引き金に (AFP 2015/08/27)

 

最近は、USGS も公式見解として、アメリカの地震発生予測地図の対象の中に「人為的な地震」も含めるようになっていて、その人為的な地震の原因の筆頭が、この水圧破砕法だとされています。

しかし、この水圧破砕法によるエネルギー開発は拡大する一方のようですので、仮にオクラホマの地震の原因が水圧破砕法にあるのだとすれば、今後も地震の増加も続きそうです。

そして、これらの小規模地震が巨大地震につながる可能性があるのかどうかということにも関心が集まっています。

 - 火山噴火と地震活動, 異常な現象 , , , ,