これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 気になるニュース

アラスカ・フェアバンクスの州政府機関が川で撮影した「アイスモンスター」の正体は?

投稿日:

chena-river-monsterKTUU

 

米国アラスカ州内陸部の最大都市フェアバンクスで、アメリカ政府機関であるアラスカ土地管理局(BLM Alaska)の職員が、市内を流れるチェナ川という川で、「正体のわからない動くもの」を発見し、撮影しました。

fairbanks-map2

 

動画は 10月27日に、アラスカ土地管理局の Facebook にアップされました。

下の動画です。音が生々しいです。

 

投稿された記事には、「私たちの機関の職員たちが、フェアバンクスのチェナ川でこのような奇妙な”物体”を撮影しました」と記されています。

この正体は?

Sponsored Link


土地管理局は、これが何かを識別することはできなかったとあり、また、州機関により投稿されたものですので、ある程度は当然かもしれないですが、「フェイクや作り物等ではない」と報道では記されています。

動画を見る限りでは、少なくとも、「川に何か動かない物体が流されている」という構図には見えないです。

というのも、動画では、やや全景を撮影したものがあるのですが、それを見ると、この物体は「流れと逆に動いている」ことがわかります。

fairbanks-icemonster

 

動き的に、間違いなく「生物」だと思われますが、巨大ウナギだとかそういう感じなのですかね。ちなみに、背に「雪」のようなものを背負っていて、また、この季節のアラスカですので、水温もかなり低いと思われ、生物だとすれば、魚類を含めて、かなり低温でもOKな生き物でもありそうです。

ice-monster-snow

 

ちなみに、土地管理局の Facebook には、職員が一種のジョーク的な語感として、「アイスモンスター( Ice Monster )」と記していますが、そういう形状の生き物である可能性もあるのかもしれません。

なぜなら、フェアバンクスのあたりの生物体系にはある程度詳しいと思われる土地管理局の職員たちが誰もこのものについて見当がつかないという見解を述べているからです。少なくとも、普通にアラスカの川で見られるというものではないようです。

 

2012年に、アイスランドで、やはり水の中で動く「龍のようなもの」が撮影されたことがあります。

2012年2月にアイスランドのラガーフリョット湖で撮影されたもの

iceland-02YouTube

 

このことは、

アイスランドの龍「ラガーフロットの指輪ドラゴン」の伝説
In Deep 2012/02/14

という記事に書いたことがあります。今回のアラスカの動くものを見ていて、何となくそのことを思い出しました。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 気になるニュース
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.