これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然の力 自然災害

ハワイ・キラウエア火山の「川と化した」溶岩流の流れる速度がものすごい!

投稿日:

6月14日に出現したキラウエアの新たな溶岩流。この溶岩流の速度をご存じですか?


EPA

Sponsored Link


 

キラウエア火山の噴火が始まり、45日が過ぎました。

その勢いは継続していますが、最近のキラウエアの動画を見て、とても驚きまして、それをご紹介したいと思います。

動画でなければお伝えしにくいということもありまして、まずご紹介したいと思います。

これはキラウエア火山に 6月14日に新たに発生した溶岩流で、噴火以来発生し続ける巨大亀裂の 8番目ということになるらしく「 8番亀裂 (Fissure 8)」と名づけられている場所を流れる溶岩流です。

そのスピードに大変驚いたのです。下の動画です。

時速にして何キロくらいあるものなのでしょうか。

ものの速度について、私は感覚的にわからないのですが、この溶岩流の速度については、アメリカ地質調査所(USGS)が現在計測しているということで、動画に写っている2名の人物は、アメリカ地質調査所の方かもしれないですね。

この光景、最初は写真だけで見ていまして、それは下のよう感じなのですけれど、これを見ていた時は「溶岩の川というのはすごいなあ」程度の感想でした。ところが、その後、先ほどの動画を見まして、相当驚いた次第です。


Ken Boyer

 

以前見たキラウエアの溶岩流はこのような速度で流れるものではなく、どちらかというと、ゆったりと流れていくものでしたので、光景として圧倒される部分はあっても、それほど「恐怖感」的なものはないものでした。

しかし、このスピードはちょっとそれを感じるものです。

よくわからないのですが、キラウエアから噴出する溶岩流の質が変化しているのですかね。

なお、この早い溶岩流そのものは海に向かっているので、内陸部への影響はないと思われるのですが、もし今後こういう溶岩流が、ハワイ島の内陸部へも向かい始めたら、どのようなことになっていくのかなとは思いました。

キラウエア火山の活動は、終息するというより、むしろ激しくなっていっているのではないかと感じる部分があります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 自然の力, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.