これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 火山噴火と地震活動 自然災害

フィリピンのタール山に新たな大噴火が差し迫っている兆候。新しい亀裂が次々と発生し、地下から蒸気を噴出し続けている。すでに30万人が避難

投稿日:

2020年1月12日 タール山の噴火の中で

Arden Pimentel




 

今年 1月12日に、フィリピンにあるタール山という火山が、 1万6700メートルにおよぶ噴煙を上げる巨大噴火を起こしたことを、以下の記事などで取りあげました。

https://indeep.jp/like-doomsday-eruptions-of-taal-volcano-philippines/

噴火後のタール山の周辺の状況は、火山灰に覆い尽くされたことにより光景が一変し、やや終末的な様相となっています。

1月13日 タール山噴火翌日、火山灰で覆われた周辺の村

Ezra Acayan


Ezra Acayan

そして 1月12日の噴火でタール山の活動が終わったわけではないことが示されていまして、タール山の周辺の広い地域で「新たな亀裂」が発生し続けているのです。
 

2020年1月14日-16日 タール山周辺に次々と発生する亀裂


RAPPLER


Philippine Star


fobos


fobos

これらの亀裂からは、各地で蒸気を噴出させており、新たな噴火が差し迫っている可能性があると 1月17日にフィリピン火山地震研究所は報告しました。

また、1月16日からは火山性の地震が 観測され続けていて、タール山の火口の下でマグマの活動が継続していることを示します。

タール山はカルデラ湖の中にあるのですが、そのタール湖の海岸線も後退していることが確認されていて、さらに巨大な噴火が発生する懸念が示されているようです。

現在、タール山から半径 14キロメートル以内の住民の人たちには全員に避難命令が出されていまして、これまでに 30万人が避難しています。

どのような状態で次の噴火が起きるかはわからないですが、最初の噴火の巨大さを思い出しますと、次に起きる噴火も小さなものではない可能性があります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.