これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

FIFA所属のサッカー選手の試合中などの「心臓突然死」が2021年に「 500%増加した」とイスラエルのメディアが全リスト付きで詳細な数を報じる

投稿日:


kicker.de




 

この「アスリートたちの試合中の突然死」ということについては、最近の In Deep の以下の記事で取り上げました。

欧米を中心としたサッカー選手などのアスリートたちに、試合中の「心停止による突然死」が異常なペースで続いていることから考えることは
In Deep 2021年11月14日

どのくらい増加しているのかということについての具体的な数値はこの時にはわからなかったのですが、その後、それがわかりまして、突然死のことばかりを In Deep に続けて書くのもどうかと思いまして、こちらでご紹介させていただきす。

調査したのは、イスラエルのリアルタイムニュース(ヘブライ語報道)で、

「 2021年に FIFAプレーヤーの心臓突然死と原因不明の死亡が 500%増加した」

と報じていたことを、アメリカの医師団体であるアメリカズ・フロントライン・ドクターズ( America's Frontline Doctors )がウェブサイトで伝えていました。

その結果、

「 2020年12月以降、183人の FIFA 所属のプロスポーツ選手やコーチが倒れ、108人が死亡した」

とのことです。

国際サッカー連盟には、25万人前後のサッカー選手などが登録されているそうですが、通常だと、アスリートのそのような突然死は、「 30,000人に 1人から 80,000人に 1人」なのだそうです。

理由や原因にはふれられていませんが、世界中のアスリートたちに何かとんでもないことが起きているようです。

イスラエルの報道には「全リスト」が詳細な状況と共に挙げられていました。

そのイスラエルの報道を紹介したアメリカズ・フロントライン・ドクターズの記事をご紹介します。


FIFAアスリートの心臓突然死と原因不明の死亡は 2021年に 5倍増加した

5-fold increase in sudden cardiac and unexplained deaths among FIFA athletes in 2021
americasfrontlinedoctors.org 2021/11/18

11月16日のイスラエルのリアルタイムニュースは、2021年に FIFA プレーヤーの間で心臓突然死と原因不明の死亡が 5倍に増加したことを報告した。

12月以降、183人の FIFA 所属のプロスポーツ選手とコーチが突然倒れ、108人が死亡した。

リアルタイムニュースの調査では、倒れた選手たちのほとんどが男性で、女性は 15名だけだったことが明らかになった。大多数は、年齢が 17歳から 40歳だった。23人は 12〜 17歳のティーンエイジャーで、そのうち 16人が亡くなっている。

調査の結果、サッカースター選手を含めた 80例を超えるケースで、選手は試合中、トレーニング中、またはその直後に倒れたことが明らかになった。

科学文献では、負傷と関係のない理由でアスリートが試合中などに倒れる現象は、まれであるとされている。

倒れた原因は、ほとんどの場合で、心筋炎、心膜炎、心臓発作、または心停止を含む心臓関連であり、2番目に多い原因は凝固事象だ。

リアルタイムニュースは、実際には倒れたり死亡した数はさらに多いとしており、「詳細が不明な数十のケースをリストから削除したため、リストは実際にはさらに長くなる」と記している。

また、リアルタイムニュースは、倒れた人たちの中で、心臓病や糖尿病など、以前から危険因子を持っていた選手たちもリストから除外していると述べている。

前年と比較してデータをよりよく把握するために、リアルタイムニュースは、FIFAに登録されたアスリートの死亡に関するデータのみを調べ、過去数年間のアスリートの間での心臓突然死と心不全の数に関するデータを比較している。

イスラエルのヘブライ大学犯罪学研究所社会学人類学部の上級講師であるジョシュ・ゲッツコウ博士はデータを分析し、リアルタイムニュースに次のように語っている。

「試合中などに突然死をするアスリートは 30,000人に1人から 80,000人に1人の割合です。 FIFAのデータによると、2000年には 24万2,000人のアスリートが協会に登録され、2006年には 26万5,000人のアスリートが登録されています。FIFAの登録数が大幅に変化していないと仮定すると、この数からは、突然死をする人は、1年間で約 5人と予想されます」

ウィキペディアの「プレー中に死亡した協会のサッカー選手のリスト」では、2001年から 2020年に心臓突然死または心不全に起因する死亡は、年間平均 4.2人であり、その大部分は心臓突然死だ。

対照的に、2021年には、FIFAプレーヤーの間で 21件の心臓突然死 / 心不全が発生した。言い換えれば、2001年から2020年の間に年間 4人の心臓突然死 / 心不全の死亡がだったものが、今年はこれまでに 21人のプレーヤーが死亡した。

2020年12月以降に倒れた、または死亡した183人のアスリートのリストはここで見ることができる。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.