これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

火山噴火と地震活動 自然災害

メキシコ南部でマグニチュード7.5の大地震。さらに巨大な地震は近づいているか

投稿日:


・6月23日 地震後のオアハカ州ワタルコの建物。anisanews.com




 

6月中旬から、世界各地で少しずつ大きな地震が増加していましたが、6月23日、メキシコのオアハカ州を震源とするマグニチュード 7.5の地震が発生したことが報じられています。6月24日午前の時点の報道では、5人が死亡したと伝えられています。


roanoke.com


anisanews.com

震源は、メキシコ南部のオアハカ州にあるリゾート地であるワタルコという街の付近で、人口も建物も比較的多い場所です。

メキシコM7.5地震の震源

NBC

現地では、余震が 300回以上続いているということです。

崩壊した建物の瓦礫を撤去する人

roanoke.com

印象的だったのは、メキシコも新型コロナウイルスのパンデミック下ということもあり、地震で避難している人たちが、ほとんど「マスク」をしていることでした。

地震でオフィスビルから避難した人たち

roanoke.com

6月18日には、ニュージーランド沖でマグニチュード 7.4の地震が発生したりと、やや大規模な地震が増えてきている感じもあります。


USGS

何ともいえないですが、個人的には、7月上旬に向かって、もう少し大規模な地震が複数回発生すると考えています。

その理由は主に惑星関係についてですけれど、これについては以下の記事などをご参照下さればと思います。

史上最大規模の惑星直列…連続の緊急地震速報…史上最弱の太陽活動…。これらは2020年の巨大地震の発生と関係するだろうか?
In Deep 2020/05/06

地震に関して、特に大きな地震に関しては、これまでオカルトなどとされてきた様々な概念が、比較的正しいことが検証され始めていまして、もちろん完全なものではないでしょうが、今は比較的大きな地震が発生しても不思議でなはい時期とはいえます。

どこで発生するのかはわからないですが、普通の震災の準備はしておいてもよろしいかと思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-火山噴火と地震活動, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.