これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常な現象 異常気象

UAEの雪だるま : 3月の終わりのアラブ首長国連邦北東部の街が「雹で真っ白」に

投稿日:

2019年3月24日のアラブ首長国連邦の英字メディアより


khaleejtimes.com




 

中東各地の天候の異常は、昨年あたりから加速していますが、特にサウジアラビアなど、アラビア半島の気候の異変は相当なものです。

先月も、サウジアラビアとエジプトの一部地域が、雪と雹により真っ白に染まったということを、以下の記事でお伝えさせていただいたことがあります。

サウジアラビアの砂漠に連日の雪。そして、エジプトも連日の雪と雹に見舞われる

そのアラビア半島にあるアラブ首長国連邦(UAE)の各地が、3月24日に「雹(ひょう)で真っ白な光景に変わった」ことが、中東で報じられていました。

2019年3月24日 アラブ首長国連邦各地の光景


Gulf News UAE


Gulf News UAE


Rainfall with hail in umm Al quwain Emirates UAE 24-3-2019


Rainfall with hail in umm Al quwain Emirates UAE 24-3-2019

最も多く雹が降ったのは、フジャイラという街だったようです。

アラブ首長国連邦とフジャイラの場所

日本アラブ首長国連邦協会

 

どうでもいいですが、過去の事例などを見ましても、中東の男性たちは「雪や雹が降ると、すぐに雪だるまを作り始める」という習性があるようで、今回も雹が積もっていたのは極めて短時間だったにも関わらず、中東的な雪だるまの写真がいくつか SNS に投稿されていました。


khaleejtimes.com

最近のアラビア半島は、雪や雹あるいは洪水が繰り返しあらわれるような地域になってきていますが、今の状態の気象の傾向が続きますと、アラビア半島において、今後も雪や雹がさらに多くなっていくという可能性もあると思われます。

そのような中で、このような「中東の奇妙な雪だるま」もまたこれからも何度も登場してくるということになっていくのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 異常な現象, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.