これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 自然災害

収拾がつかなくなってきたイタリアの「雪のカオス」。中部は非常事態に陥り、軍が動員される事態に

投稿日:2017年1月18日 更新日:

2017年1月17日のイタリアの報道より

Maltempo Italia: stato di EMERGENZA in Abruzzo

非常事態が宣言されたアブルッツォ州の街

vk.com

Sponsored Link


 

先日、

イタリアのソクラテスともノストラダムスとも言われた16世紀の哲学者マッテオ・タフーリが残した予言「イタリア南部に2日連続で雪が降った後に世界は終わる」…
 2017/01/16

というような記事がありましたが、予言云々はともかく、その記事では、ふだんは雪と無縁のイタリア南部の穏やかな気候のビーチリゾート「サレント」が、まるでオホーツク海沿岸のように雪に覆われた光景となっていたことをご紹介しました。

イタリア南部・サレントの海岸 2017年1月8日

EU Storm Map

このように通常とはやや違った荒れた冬の光景がイタリア各地に訪れているのですが、それはさらに範囲を拡大してきているようで、今度は、イタリア中部にあるアブルッツォ州という場所を中心として、大変な大雪と寒波に見舞われていることが報じられています。

アブルッツォの場所
・Google Map

 

1月18日現在、非常事態となっているイタリア・アブルッツォの風景

epubblica.it
 
ilcentro.gelocal.it
 
vk.com
 

アブルッツォでは、1月17日の時点で、少なくとも 30万人が大雪のための停電に見舞われていて、5000人は水の供給も止まっているとのこと。

州のいくつかの市では、市長自らがイタリア軍に派兵を要請しており、順次、軍隊による救助、医療補助、物品支援などが行われることになっているそうです。

何しろ、気温も、低いところでは 1月17日に -6℃にまでになったそうで、インフラの回復は急務となっているようです。

ちなみに、スペイン北部のピレネー山脈では、今後、気温が「氷点下 30℃」にまで下がる可能性があると、イタリア気象庁が発表しており、イタリアにも「北極より寒い場所」が出現していることになりそうです。

いろいろと大変そうではありますけれど、それでも、子どもたちや動物たちは、それなりに楽しんでいるようです。

ふだんはできない雪遊びをする子どもたち

BBC
 

雪の中を進むネコ

ilcentro.gelocal.it
 

イタリアのいくつかの地域では、雪がこれ以上降るようなことがあった場合、交通やインフラを含めて、都市機能がシャットダウンする可能性もありますが、気象の予測を見ますと、もう少し雪も寒さも継続する可能性が強いようです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.