これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 動物の異常 異常な現象

極東のロシアの町で「ホッキョクグマの集団による侵略」という事象が発生。当局は非常事態を宣言

投稿日:

2019年2月9日のロシア・トゥディより


rt.com




 

ヨーロッパで最北の位置にあるロシアのノヴァヤゼムリャという列島にある町が、「多数のホッキョクグマの侵略」という珍しい事態に陥っています。

ノヴァヤゼムリャの場所

Google Map

ノヴァヤゼムリャの住宅街に集まるホッキョクグマたち


vk.com

報道によれば、この数週間、50頭以上のホッキョクグマが、ノヴァヤゼムリャの町に押し寄せており、食糧を求めていたるところを歩き回っているそうです。

この事態に対して、地元の当局は非常事態を宣言。

しかし、ロシアでは、ホッキョクグマは絶滅機種で、国家保護動物とされているために、狩猟などの強行手段に出ることも難しく、どうすればいいのかがわからない状態となっているようです。

家の中に侵入するホッキョクグマ


Russia24

ホッキョクグマと対峙する番犬


rt.com

現在、この町に集まっているホッキョクグマ間の数は 52頭であることがわかっていまして、そのすべてが、食糧を求めて町中を歩き回っているために、とても危険な状況が続いているようです。

もちろん、このようなことが起きたのは、この島でも初めてのことで、長く住んでいる人たちも「経験したことがない」と述べています。地元の人は以下のようにロシア・トゥディに述べています。

「人々は外出することを恐れていて、日常生活は混乱しています。親たちは、子どもたちを学校や幼稚園に行かせることに警戒して過ごしています」

地元の当局は、ロシア政府に、ホッキョクグマの射殺の許可を求めましたが、保護されている絶滅危惧種であることから、その要求は却下されています。

このようなことが起きた原因はわかっていませんが、もともとホッキョクグマたちが住んでいた場所にエサが豊富であったならば、人間が住む場所にまで来る理由はないわけですので、そこに何か起きているのかもしれません。

海の生態系は世界中で異常な事態となっていますが、結局、北極の海でも「魚類の生態系に異変が起きている」ということなのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 動物の異常, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.