これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

奇跡の光景 異常な現象 自然の力

初めて見た光景かもしれない、南米チリのサンティアゴで太陽が作り出した「真っ赤な光柱」

投稿日:

2018年4月16日 チリ・サンティアゴにて


Roberto Antezana

Sponsored Link


 

南米のチリは、ここ2、3年、いろいろと珍しい空の現象を見せてくれている土地でもありますが、4月16日の夕暮れに、

「真っ赤な光柱」

という現象が撮影されていました。


Roberto Antezana

太陽の光柱自体は珍しいものではなく、大気中の条件があれば、夜明けや夕暮れに出現しますが、その「色」は普通、黄色から、せいぜいオレンジのもので、ここまで真っ赤なものは見たことがありません。


Roberto Antezana

そもそも、この日のサンティアゴの夕陽自体が下のようにものすごく真っ赤だったようで、その色のままで光柱が出現したようです。

光柱が出る直前の夕暮れの太陽


Roberto Antezana

サンティアゴの場所

Google Map

 

これらのチリの赤い光柱は、サンティアゴの素晴らしい風景を撮影し続けているカメラマンのロベルト・アンテツァーナさんにより撮影されました。

この方は、これまでも、サンティアゴの数々の驚異的な空の光景を撮影して公開して下さっています。

下は、それぞれロベルトさんが過去に撮影したサンティアゴの空の光景です。

2016年3月 サンティアゴの夕暮れ


earthreview.net 、Roberto Antezana

2017年5月 サンティアゴ上空の鮮やかすぎる彩雲


earthreview.net 、Roberto Antezana

これまで、チリのサンティアゴに関しては、このブログでもかなりの数のさまざまな現象をご紹介してきました。

[参考] 地球の記録の「サンティアゴ」に関係する過去記事一覧

真っ赤な光柱という少なくとも個人的には大変に珍しい現象が出現していたりするところからも、今年もチリは、たくさんの多彩な現象を見せてくれそうです。

それと共にサンティアゴを含むチリは、環太平洋火山帯の巨大地震の多発地域として日本と双璧をなしている場所でもあり、地質のほうにも何らかの動きがあるかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-奇跡の光景, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.