これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 最期の食糧危機 異常気象

北米の異様な「春の大寒波」はアメリカとカナダの85%以上の地域に達する。米北部では4月中盤以降も降雪が続く見込み

投稿日:


electroverse.net




 

前回の記事で、ノースダコタ州やモンタナ州などのアメリカ北部に、この時期としては歴史的な吹雪を伴う嵐と低い気温が記録されていることを取り上げました。

 

[記事] アメリカ北部の主要な穀倉地帯が歴史的な春の猛吹雪と寒波に見舞われる。ノースダコタ州では1メートルを超える積雪と氷点下30℃に近い気温になる場所も
 投稿日:2022年4月14日

 

その後、この春の大寒波が、「ほぼ北米大陸全体」を覆い尽くしていていることを知りました。アメリカでは 80%などを超える地域で平年より 10℃から 25℃ほど低い気温が示されています。

以下は、4月13日の北米大陸の「平年との気温の差異」です。青が最も濃い部分で平年より8℃以上低く、薄い紫の部分は、平年より20℃以上も低いことを示します。

2022年4月13日から36時間の気温の予測(平年との差異)

GFS-2 Temperature Anomaly

カナダは、西部以外のほぼすべての地域が平年より 10℃前後以上低く、アメリカは全体の 80%以上が平年より気温が低く、しかも大部分は平年より「極端に低い」気温であることを示しています。

皮肉に見えるのは、「北極圏の気温が平年より極端に高い」ことでしょうか。

雪の予報もあり、雪に関しては、さすがにアメリカの北部地域に限られますが、4月中旬の今後もまだ雪が降るようです。カナダなどは、全域に雪の予想が出されています。

2022年4月13日から7日間の降雪の予測(数字はインチ)

GFS Tottal Snowfall

 

私の出身地である北海道でも 4月に雪が降るということは……まあ、まったくないわけではないでしょうが、少なくとも「猛吹雪」とか「氷点下 20℃」とかいうのは 4月にはない、ですので、現在のアメリカはかなり異例の天候となっているようです。

 

……作物は……大丈夫なんでしょうか。

農林水産省によると、日本は、小麦をアメリカ(約50%)とカナダ(約30%)から多く輸入しています。このふたつの国で 80%です。残りは、オーストラリアで、日本の輸入小麦はほぼこの3カ国からのものです。

日本の小麦の自給率は、わずか 13%です。

この作物の植え付けの時期に、北米全域を巻き込んだ低温と大雪は、一部の農作品にとって、なかなか厳しい状況ともいえるのかもしれません。それに春の大雪は洪水をもたらしやすいです。

2019年春に発生したアメリカの大洪水も、遅い時期までに残った雪と、その時期に大雨が重なったことによるものでした。

 

[記事] アメリカで始まった新たな大洪水伝説 : 米国立気象局が「今年5月までに国土の3分の2が洪水に見舞われ、2億人が危機にさらされる可能性がある」と発表
 In Deep 2019年3月26日

 

現在の寒波について、アメリカのメディア記事をご紹介します。


北米全体で記録的な春の凍結が激化し、天然ガスの価格が13年ぶりの高値に押し上げられた

RECORD LATE-SEASON FREEZE INTENSIFIES ACROSS NORTH AMERICA, PUSHING NAT-GAS PRICES TO 13-YEAR HIGHS
electroverse.net 2022/04/13

北米全体で記録的な春の終わりの凍結が激化

ジェット気流が南下するにつれて、季節外れの寒気がアメリカ本土の奥深くに流れ込んでいる。歴史的な 4月の吹雪がノースダコタ州を襲い、記録破りの寒波が北米大陸の 85%を覆っている。

ブリザード警告は現在、ノースダコタ州中部と東部、サウスダコタ州北西部からモンタナ州東部に広がっている。冬の嵐の警告は、ロッキー山脈を越えて太平洋岸北西部に向かって発効されている。

北米大陸全体で、今週、記録的に低い気温が見込まれている。下降する極域気団のサイズと強度が非常に大きいため、何百もの町や都市で、時期としての低温記録を更新すると予測されている。

太平洋岸北西部の地域は、年間を通じて標準より(華氏)24度低い気温に耐える必要がある。

この寒さが 1週間を通して東にシフトするにつれて、カナダのアルバータ州からアメリカのアラバマ州まで、何百もの観測ポイントで追加の低温記録に近づくと予測される。

降雪も同期としては記録的になる予測だ。

アメリカの消費者物価指数(CPI)は、すでに 40年ぶりの高値となっているが、3月には 8.5%に上昇し、特に、食料、エネルギー等のコストが急騰し上昇の大部分を占めた。天然ガス価格は13年ぶりの高値に押し上げられている。

当局は、アメリカのインフレは 4月から下がると予測している。







-ミニ氷河期の到来, 最期の食糧危機, 異常気象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.