これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象 自然災害

アメリカの記録的な干ばつで、春小麦の99%の生産地が影響を受けていることが米国農務省のデータで判明。そして今度は記録的な夏の寒波に

投稿日:




 

世界中での異常気象は今に始まったことではないですけれど、年々その影響は拡大し続けています。

最近のアメリカは「極端な熱波と極端な寒波が交互に訪れる」という農作上あまり良いとはいえない気候が続いていますが、最近、アメリカ農務省のデータを見て驚いたのが、

「干ばつの進行の激しさ」

でした。

以下は干ばつの現在の状況ですが、色分けの区分のうち、下段3つの、オレンジから茶色の干ばつの状況は、特に農作への影響が大きなものとなるレベルです。

2021年7月27日の米国農務省のデータよりアメリカの干ばつの状況

usda.gov

干ばつのマップを見ますと、「アメリカの西半分は、ほとんど激しい干ばつに見舞われている」ことがわかります。

農務省のデータをさらに見てみますと、農作物の一部の生産地域が「ほとんどこの干激しいばつ地域に集中している」ものがあることがわかるのです。

アメリカ農務省のデータは以下にあります。

Droght Monitor

たとえば、アメリカの「春小麦」の生産地の 99パーセントは干ばつ地帯に集中しています。


usda.gov

他にも以下のような生産物の大部分が、干ばつ地域に生産地が集中しています。

干ばつの影響を受けている農作物

・ヒマワリ 生産地の 86%が干ばつ地帯に

・デュラム小麦 生産地の 99%が干ばつ地帯に

・大麦 生産地の 84%が干ばつ地帯に

・アルファルファ 生産地の 86%が干ばつ地帯に

などとなっていまして、春小麦、大麦系の生産がかなり影響を受けている可能性があります。

干ばつの進行状況を見ますと、今年春から状況が悪化していることがわかります。


usda.gov

ヒマワリというのは、観賞用ではなく、ヒマワリ油の原料としてのことで、世界的には、ヒマワリ油は、ダイズ油、パーム油、ナタネ油に次ぐ植物油です。

もちろん、干ばつの影響を受けていない作物も多くあります。

それらの生産地は、中央部から東部にあるものです。

干ばつの影響をあまり受けていない農作物

・トウモロコシ 生産地の 36%が干ばつ地帯に

・ピーナッツ 生産地の 0%が干ばつ地帯に

・コメ 生産地の 20%が干ばつ地帯に

・大豆 生産地の 30%が干ばつ地帯に

これらは、干ばつの影響はあまり受けていないようです。

ただ、7月31日から 8月中旬くらいまで、アメリカの東部から中部などが「夏としては記録的な寒波」に見舞われることが予測されていまして、干ばつの影響を受けていない地域でも、極端な寒波による影響があるかもしれません。

ニューヨーク州などでは、真夏にも関わらず、10℃以下の気温になることが予測されています。

以下のマップは、8月2日の予測ですが、濃い青で平年より 4℃から 6℃低く、紫の場所では、平年より 10℃以上気温が低くなるという予測がなされています。


electroverse.net

アメリカだけではなく、世界の多くの国や地域でこの数年の天候や気温の異変により、農業はダメージを受け続けていまして、それに加えて、一部の国ではコロナによる再度のサプライチェーンの混乱も予測されていたりしまして、今年後半から来年、再来年は食糧供給が厳しくなる可能性もあるのかもしれません。







-ミニ氷河期の到来, 異常気象, 自然災害
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.