これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 動物の異常 疾病と感染症

ポーランドの農場で初となるアフリカ豚コレラが発生し、24,000頭の豚が殺処分。同時に鳥インフルエンザも発生

投稿日:2020年3月25日 更新日:


・「注意! ここは高病原性鳥インフルエンザ防御地区です」と書かれた看板。naszemiasto.pl

[日報]2020年03月25日の新型コロナウイルスの感染状況
(中国の統計に信憑性がないため中国を除外しています)
中国以外の感染確認数 34万242人(前日比 +3万9653人)
中国以外の死者数  1万6633人 (前日比 +3352人)
致死率 4.88%




 

人間の社会は新型コロナウイルスで混乱しつつありますが、今の世界への脅威として、他に進行しているものとして、

・アフリカ豚コレラ
・鳥(豚)インフルエンザ
・イナゴによる農業被害

などがあります。これらはすべて食糧問題と直結する事象でもあります。

アフリカ豚コレラは、以下の記事にありますように、昨年「世界の豚の 4分の 1」が死亡しており、中国だけでも 1億頭以上が死亡するか殺処分されています。

すでに「世界の豚の4分の1を消し去り」世界50カ国に感染拡大しているアフリカ豚コレラはさらに全世界に広がるか

このアフリカ豚コレラが、さらに世界中に拡大した場合、大変に大きな問題となる可能性があるのですけれど、ヨーロッパにも拡大してきているようです。3月23日のポーランドの報道は、西ポーランドのルブシュ県ニエドラズにある農場でアフリカ豚コレラが発生し、24,000頭近くの豚が殺処分されたと報じています。

この周辺のドイツなどでは、昨年 11月頃から野生のイノシシからアフリカ豚コレラが検出されていましたが、ヨーロッパで飼育されている豚の集団からアフリカ豚コレラが検出されたのは、これが初めてだと思われます。

ポーランドは、以下の位置にありますが、アフリカ豚コレラが検出されたルブシュ県はドイツとの国境沿いで、今後、ドイツを含めたヨーロッパ各地に拡大することが懸念されています。


witam-pl.com

実はヨーロッパには、豚肉生産量が多い国がたくさんあり、世界の豚肉生産量の比較は、以下のようになっています。

世界の豚肉生産量 国別ランキング 2018年

1位 中国 5403万トン
2位 アメリカ 1190万トン
3位 ドイツ 536万トン
4位 スペイン 453万トン
5位 ベトナム 381万トン

globalnote.jp

ちなみに、ポーランドは、生産量 213万トンで世界第 10位の生産国です。

アフリカ豚コレラで多くの殺処分があった中国においては、以下のように、この1年、豚肉価格は急激に上昇しました。


Caixin

アフリカ豚コレラが世界中に蔓延した場合、このようなことが世界中で起きる可能性もあります。

また、ポーランドでは、3月になって鳥インフルエンザが見つかっていて、10,000羽以上のアヒルが殺処分されたと報じられています。

ポーランドでは、新型コロナウイルスの感染も拡大し続けていまして、3月25日時点での感染確認者は 901人ですが、1日の増加率が大きくなっています。

2020年3月25日時点のポーランドの感染者数

Confirmed Cases and Deaths by Country

3月25日の世界の状況は以下のようになっています。


Confirmed Cases and Deaths by Country

アメリカとヨーロッパが大変な状況であることは同じです。

いろいろなウイルスが、世界中に蔓延し続けています。







-パンデミック, 動物の異常, 疾病と感染症
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.