これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

事故から35年後のチェルノブイリ原子力発電所の封鎖された原子炉内部で「核分裂反応が起きている」ことを科学誌サイエンスが報告。新たな爆発の発生の懸念

投稿日:


oilprice.com




 

史上最悪の原子力発電所であったとされるウクライナ(事故当時はソ連の構成国)のチェルノブイリ原子力発電所事故が発生したのは 1986年4月26日のことで、それから 35年になります。

現在のチェルノブイリの原子力発電所施設そのものは、コンクリートなどでの構造物で完全に封鎖されていて、人が立ち入ることはできません。

封鎖された施設内部には、中性子 (核分裂の徴候を示す)をモニタリングする機器が設置されていますが、その中性子のレベルが、「再び増加している」ことを、サイエンスが報じていました。

2021年5月5日のサイエンスの記事より

sciencemag.org

だから何がどうなるということではないのでしょうが、仮に核反応が再び起きているのだとすれば、原子力発電所の大きな事故は、このように 35年というような年月が経っても、その問題は継続し続けるということになるのかもしれません。

日本も同じ問題を持っている国のひとつですが、やはり、とても長い問題となることになるのかもしれません。

サイエンスの報道を伝えていたアメリカのエネルギー関係の業界メディアの記事をご紹介します。


チェルノブイリでの核反応は「懸念の要因」

Nuclear Reactions At Chernobyl “Cause for Concern”
oilprice.com 2021/05/11

チェルノブイリ原子力発電所事故の、人がアクセスすることはできない事故施設内部にある監視センサーが原子炉での中性子レベルの上昇を検出している。これは、核分裂反応が内部で起きていることを示していることをサイエンスは報告した。

現在のウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で、史上最悪の原子力災害が発生したのは 1986年4月26日のことで、ほぼ 35年前のことだった。35年後の今の時期に核分裂反応が起こっている兆候が認められたことになる。

核分裂反応は、コンクリートで密閉され、事故以前の原子炉のウラン燃料の大部分を含む炉内で検出されている。

ウクライナの科学者たちは現在、検出された核分裂反応が消滅するのか、それともある種の特別な介入を必要とするより大きな問題を引き起こすのかを評価しようとしている。

英シェフィールド大学の核物質化学者であるニール・ハイアット氏は、サイエンスに、「それは、たとえればバーベキューの残り火のようなものです」と語った。

ウクライナのキエフにある原子力発電所の安全問題研究所の科学者は「事故が発生している可能性を排除できない」と述べている。

核物質化学者のハイアット氏は、以下のように言う。

「これは非常に低い核分裂率であり、通常の原子炉で起きるようなものではありません。このチャンバー内での核分裂性物質が、推定では、爆発を起こすほどの急速な原子力エネルギーの放出ではないことを確信で​​きることを意味します。とはいっても、確かなことはわかりません」

ハイアット氏は、この原発内のより高いレベルの中性子は「懸念の原因ではありますが、警戒といえるほどのものではないと思っています」と述べる。

ただ、今後もセンサーが中性子の生成の増加を検出し続ける場合、チェルノブイリ施設に対して特別な介入を必要とする可能性があるとハイアット氏は述べた。1つのアプローチは、埋められたチャンバーにドリルで穴を開け、硝酸ガドリニウムなどの物質を噴霧することだ。これにより、核分裂反応が停止する。







-気になるニュース, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2021 All Rights Reserved.