これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

アルメニアの空を飛んでいた不思議な光の正体は

投稿日:2017年10月6日 更新日:

9月27日 アルメニアのアザト川流域上空

twitter.com

最近、やや不思議な光がいろいろな場所で目撃されています。正体はそれぞれいろいろなのでしょうが、「これは〇〇」と経験則で言い切れないものも多いです。

少し前にアルメニア中部で、やはり「何かわからない光」が観測されました。

下がその動画です。

Sponsored Link


 

「さて、これは何だろう」と思っていたところ、ふと、少し前の In Deep の記事を思い出したのです。

それは、

アメリカでは自由の女神が血に染まったカマで切断され、ロシアではまたも「死の象徴の光の渦」が空に踊りまくる今
 2017/09/27

という記事で、9月26日の夜、ロシア西部を中心に下のような光景が目撃されたというものでした。

9月26日夜 ロシア西部の広範囲で目撃された光

In Deep

正体を書けば、これは、ロシアの大陸間弾道ミサイル(ICBM)なのでした。カプースチン・ヤール基地というロシアのミサイル基地から発射された「 RT-2PM2 トリポリ」という ICBM の光です。

おそらくは、アルメニアで撮影され SNS などで話題となっていた冒頭のものも日付けが一致しますので、これだと思われます。

つまり、冒頭の光は ICBM だと。

アルメニアの位置は下になるのですけれど、ずいぶんと広範囲で、この ICBM の光が目撃されたのだなあと思います。

アルメニアの場所
Google Map

これだと、中東や東ヨーロッパ、トルコなど、もっと広い範囲で目撃されていたのかしもしれません。

アルメニアで撮影されたICBMの光の変化

 

 

 

そして、最後、光は広がって下のように消えていきます。

 

世界中にはいろいろな光が空にあふれていて、もはや、それが UFO だか ICBM だか鳥だかスーパーマンだかジーザスだか、情報がわかるまでは何が何だか判別できない状態が続いています。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-気になるニュース, 異常な現象
-, , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.