地球の記録 – アース・カタストロフ・レビュー

これまでと、そして、これからの地球と私たち

*

空に浮かぶ「光を放つ円形の存在」の正体は?

   

11月下旬にミズーリ川から撮影された写真

facebook.com

facebook.com

Sponsored Link


 

アメリカで撮影された「空の光」の写真の投稿が話題となっています。アメリカのいくつかの州を流れるミズーリ川という大きな川があるのですが、その上から撮影されたものだそうです。船かボートで釣りなどをしていた時のもののようですが、それが冒頭の光景です。

facebook.com

拡大しますと、下のような感じです。

 

この投稿にはたくさんのコメントが寄せられ、そこではいろいろ意見がかわされています。雲の切れ目から太陽の光が差し込んだ、とか、窓に映っている光ではないか、とか、UFO や天からの謎の光ではないか、とか、いろいろとありますが、実際には何かわかりません。

 

 

雲の切れ目から光が差し込んだというには、少し規則的すぎる感じはします。

ガラスの窓越しに外の風景を撮影する時に室内の照明などの光がガラスに写り込んだ場合にこういう写真が撮れることはあり、そういう場合は撮影した本人もそのことに気づかず、写真を見て驚くということもありますが、これは川の上ですしね。

少し似たものとして、2009年にロシアの首都モスクワに出現した「丸い光の輪」を何となく思い浮かべました。

2009年10月 ロシア・モスクワの上空

Weird looking Clouds Explained

この時のロシアの丸い光は、「パンチホール雲」という、大気の状態によって雲に穴が開いたようになる部分に太陽の光が重なって作られたという説が最も支持されている意見となっています。

しかし今回のものも含めて、それが正しいと断定できるというものでもなく、たまに空に出るこのような不思議な光の真実が完全にわかることはないようです。

 - 気になるニュース, 異常な現象 , ,