これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常 大量死 気になるニュース

メキシコに打ち上げられた「角や毛のようなものを持っている」謎の生物の亡骸

投稿日:2016年6月12日 更新日:

メキシコのバハ・カリフォルニア・スル州のビーチに打ち上げられたもの

mexico-animalExpress

Sponsored Link


 
メキシコのバハ・カリフォルニア・スル州にあるセラルボ島の海岸に、冒頭のような死亡した海洋生物とおぼしきものが打ち上げられました。

メキシコの地元メディア BCS ノティシャスによれば、現地の環境局による鑑定が行われたそうなのですが、腐敗が進んでいることもあり、これが何かを断定することはできなかったようです。

頭と思われる部分に長い突起があり、冒頭の報道では、「ツノらしきもの」という表現されていましたが何なのかはわかりません。また、体には「毛のように見えるもの」があると報道では指摘していました。

horns-01

 

この「ツノみたいなものや毛のようなもの」と全体の雰囲気からか、地元の人たちの中には「悪魔のようだ」という人がいたり、あるいは「人魚のようだ」という人もいるそうです。

下が撮影された動画です。

メキシコ・セラルボ島の場所
mexico-cerralvo-mapGoogle Map

客観的に考えれば、こういうものは、たいていがイルカなどの海洋生物である場合が多いのですが、当局による正式な鑑定は出なかったようですので、何かはわかりませんし、毛の問題があるので、イルカのたぐいだと言い切る自信もないです。

それにしても、最近、「正体のわからない死体が打ち上げられる」ことが何だか多いです。そのこともあり、今回のことも記録しておきたいと思った次第です。

このメキシコでは、今年3月にも、何だかよくわからない生き物の死体が海岸に流れ着いています。

2016年3月11日の報道より

mexico-mysterious-creature29news.com.au

 

4月の終わりには、チリに、やはり何だかよくわからない軟体動物が大量に打ち上げられたりもしています。

2016年4月27日のチリの報道より

chile-red-tide2CNN Chile

 

何だか、海岸に打ち上げられるものたちも次第に奇妙なものが多くなってきました。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常, 大量死, 気になるニュース
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.