これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

170台のロシア軍戦車、さらにはミグ31戦闘機がベラルーシに到着したという報道。中国の他、9カ国の外務省が「ウクライナからの即事の避難」を呼びかける

投稿日:




公式な理由は、ロシアとベラルーシの合同軍事訓練

この数日で、中国外務省と、イタリア政府が、ウクライナに滞在している自国民にただちの避難を呼びかけました。

(報道) 中国政府が、ウクライナ在住の自国民に「ウクライナからただちに避難するよう」勧告 (2022/10/16)

(報道) イタリア政府が、ウクライナの自国民にただちに同国から退避するように勧告 (2022/10/18)

 

ギリシャの軍事系ウェブサイトによりますと、その後、数多くの周辺国の政府が、自国民にウクライナからの退避を勧告し、大使館がすべて閉鎖されました。

 

(ギリシャの報道より)

> 中国、エジプト、セルビア、キルギスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、カザフスタン、タジキスタンは、ロシアの衝撃と畏怖の念を起こさせる作戦が予想されるため、自国民に対し、直ちにキエフを離れ、ウクライナ全般を離れることを求める緊急声明を発表した。彼らの大使館は閉鎖されている。 warnews247.gr

 

また、同メディアは、ベラルーシに、ロシア製の大型戦闘機「ミグ 31」が到着したと報じています。さらに、別の記事では、ベラルーシに多数のロシア軍戦車、装甲戦闘車などが集結していると報じてもいます。

これは、公式には、ロシアとベラルーシとの合同軍事訓練ということになっていますが、いっせいに各国の大使館が閉鎖され、自国民の脱出を促しているあたり、何らかの動きが察知されているのかもしれません。

この急激ともいえる変化は、ロシア軍の最高司令官が替わったことも関係ありそうです。

(報道) ロシア軍のトップについた人物のニックネームは「アルマゲドン将軍」 (2022/10/08)

 

何ともいえないにしても、ロシアの特別軍事作戦が「次の段階に入りつつある」という兆しもあるのかもしれません。

ギリシャの軍事メディアの報道をご紹介します。




 

ベラルーシでの全面的な戦争準備:「 5,000の避難所の準備ができている - 170台のロシア軍の戦車が到着した」

“Κατάληψη του Κιέβου σε 4 μήνες” – Ετοιμασίες γενικευμένου πολέμου στη Λευκορωσία: “Έτοιμα 5.000 καταφύγια – Έφτασαν 170 ρωσικά άρματα μάχης”
War News 247 2022/10/18

ロシア軍の兵器の大規模な集中がベラルーシに記録されており、同国はウクライナとの全面戦争に向けて集中的に準備を進めている模様だ。これまでに、170台のロシア軍戦車、200台の装甲戦闘車、最大 100台の砲兵システムが到着している。

ウクライナ軍のスタッフは、ベラルーシでのロシア軍の増強の程度によっては、キエフの包囲の問題があるかもしれないことを認めている。これまでのところ、ベラルーシ政府は 9,000人のロシア兵が 70,000人のベラルーシ人を助けるために到着すると発表している。

キエフでの作戦を開始するには少なくとも 200,000人が必要になるため、ロシア軍の増強はまだ始まったばかりだ。ロシアがウクライナ全土で優位に立ちたいのなら、キエフを占領する必要がある。

ロシア軍の最高司令官セルゲイ・スロヴィキンの戦術は、キエフの住民たちが寒さやその他の苦難で疲弊した後、キエフが実際に標的になることを示している。

これは、ベラルーシでの集中的な軍事準備によっても示されている。ベラルーシの緊急事態省の長官がインタビューを行い、市民に指示を与えながら、国内の 5,000の避難所について話した。

プレスリリースで、ベラルーシ国防省は、以下に関連する「懸念」を発表した。

・小型武器の使用を含む、ウクライナによる多数の挑発
・ウクライナによる領空侵犯の増加
・ベラルーシのインフラ施設を攻撃する必要性に関するウクライナの声明
・ベラルーシの地で過激派とテロリストを利用して、ベラルーシの正当な政府を打倒する意図のウクライナの声明

すべてが、ベラルーシの一般化された軍事介入に向けた準備が整っていることを示している。

 

戦車170両、装甲車200両がベラルーシに到着

ベラルーシ国防省の国際軍事協力部門の責任者であるバレリー・レベンコは、合計約 170両の戦車、最大 200両の装甲戦闘車両、最大 100門の銃と口径 100mmを超える迫撃砲を使すると発表した。それらはロシアから到着した。

国の領土に配備されるロシア人員の総数は約 9,000人になり、ベラルーシの防衛能力を大幅に強化する。

今のところ、軍事装備はベラルーシの領土に輸送され続けており、これはベラルーシの人々によって公開された公式ビデオで証明されており、列車での軍事装備を備えた階層の動きを大量に記録している。

ベラルーシの安全保障理事会の書記官は、ロシア軍の数が増加する可能性を残したまま、「この資料(兵器)を使用する必要がないことを願っている」と有意義に強調した。

ベラルーシ政府によれば、この合同部隊の配備の理由は、ベラルーシの国境近くでの NATO 軍の存在の増加と、ベラルーシの北の国境近くでのウクライナ軍の活動の増加だ。







-気になるニュース, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.