これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 異常気象 自然災害

アルゼンチンのビーチリゾートに「時速140kmの猛烈な風」をもたらした巨大スーパーセル

投稿日:

2018年3月10日 アルゼンチンのビージャ・ヘセルに出現したスーパーセル


y en eso llego Fidel

Sponsored Link


夏の終わりに向かっている南半球では各地で天候が大荒れの模様となっていますが、3月10日、アルゼンチンのブエノスアイレスに近い海岸沿いのビージャ・ヘセルという街とその周辺を猛烈な嵐が襲いました。

その嵐を運んで来たのは、巨大なスーパーセル(超巨大積乱雲)でした。

ビージャ・ヘセルに出現したスーパーセル


Instagram

ビージャ・ヘセルの場所

Google Map

この雲に覆われた地域がどのような状態になったのかについては、下のアルゼンチンの報道の見出しでわかります。

2018年3月10日のアルゼンチンの報道より


clarin.com

「屋根が飛び、木々が倒れ」とありますが、そのような光景が SNS に次々に投稿されていました。

嵐の去った後の光景


vk.com


vk.com

比較的短い間の嵐の中で、ビージャ・ヘセルでは 100本以上の樹木が倒されたそう。

アルゼンチンの気象局によれば、最大瞬間風速は時速 143キロに達したとのことでした。

そんな暴風をもたらしたスーパーセルは姿そのものも圧倒されるものでした・


mohammed albaloushi


mohammed albaloushi

それにしても、今年の南半球の夏期シーズンは特別に荒れた感じがします。

これから夏は北半球へと移っていきますが、この南半球の気象の状況見ていますと、北半球にしても穏やかな夏を迎えるのは難しいことになるのかもしれません。




-異常な現象, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.