これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常気象 自然災害

オーストラリア南東部で史上最悪級の巨大な山火事が制御不能な状態で拡大中

投稿日:

オーストラリアの山火事を伝える2019年3月4日の報道より


CNN




 

アメリカやヨーロッパなど、北半球では、極端な寒波に見舞われる場所が多かった今年の 1月から 2月ですが、南半球のオーストラリアでは、極端な猛暑が続いていました。

そのような中で、山林火災が相次いでいたのですが、2月の後半にオーストラリアの南東部にあるビクトリア州で発生した山火事は、コントロール不能の状態で拡大を続けていて、日々、状態が悪化し続けていることが報じられています。

オーストラリア・ビクトリア州の位置

Google Map

ビクトリア州には、オーストラリア最大の都市であるメルボルンがあります。

以下の山火事の煙は、メルボルンから撮影されたものですが、この火災による煙のすさまじさからも、現在発生している山火事の規模の大きさがわかります。

2019年3月2日 - 5日 ビクトリア州の山火事の煙の様子


businesslive.co.za


Stephen Titow

山火事の煙で赤く染まる太陽と空


thenewdaily.com.au

冒頭の CNN の報道のタイトルにありますように、オーストラリアの緊急事態管理局では、人々に、「命を守ることを最優先に、迅速な行動をして下さい」と呼びかけています。

現在、2000人の消防士たちが、消火に当たっていますが、3月5日の時点では、「山火事を制御できる見込みは立っていない」とのことです。

山火事の消火にあたる消防士たち


pfasproject.com

そして、このビクトリア州をはじめとしたオーストラリア南東部の今後の気候なのですが、もうそろそろオーストラリアの夏も終わりに近いというのに、「猛暑」と、そして極端な降雨不足が予想されています。

オーストラリアの東部から南東部にかけての気温は、場所により「 38℃」にまで上がる見込みがあり、また、今後、雨が降る可能性ですが、以下のように、東部から南東部まで、

「平年に比べて極端に雨が降らない見込み」

となっています。

2019年3月から5月のオーストラリアの降水予想


Bureau of Meteorology, Australia

最高気温も、雨の少なさも、歴史的なものとなる見込みだとオーストラリア気象庁は述べています。

そのあたりからも、山火事が急速に収束に向かうというのは、今の時点では難しそうです。

北半球でも南半球でも極端な気象とそれによる災害が続きます。







-異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.