これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然災害 隕石と小惑星

ナイジェリアの南西部で「謎の大爆発」による大規模な破壊。巨大なクレーターが発生しているため小惑星など天体の衝突の可能性が高い

投稿日:


・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez

[日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況
世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万5440人)
世界全体の死者数  4万2158人(前日比 +4405人)
世界全体の致死率 4.9%
アメリカの感染確認数 18万8280人 (前日比 +2万5372人
イタリアの致死率 11.7%




 

世界中で世紀末的な事象がいろいろと発生していますが、アフリカのナイジェリア南西部にあるアクレという街で、3月28日に、

「 100棟以上の建物を破壊した巨大な爆発が発生した」

ことが現地のメディアで報じられていました。

動画や写真で見るその破壊は激しいものですが、巨大なクレーターが発生していることから、隕石や小惑星などの「天体の衝突」だったのではないかという話が出ています。

発生したクレーター

Akpan Ita


Akpan Ita

爆発で破壊された住宅

iBrandTV


Akpan Ita

以下は、現地の動画です。

クレーターの大きさは、直径21m、深さ7.8mで、爆発の影響は、爆発の中心から半径 1キロメートルに及んでいるそうです。

現地の報道も混乱していまして、建物の被害は確認できるものの、人的被害等についての正式な報道はまだないようです。

そして、爆発の「原因」についても、ナイジェリア国内でさまざまな意見が出ているようで、専門家たちからは、おおむね以下の3つの意見にわかれています。

・車両などの爆発事故

・テロ攻撃

・隕石や小惑星などの天体

この中でも天体の衝突が有力だと考えられていて、ナイジェリアの大学であるオバフェミ・ アウォロウォ大学 (Obafemi Awolowo University)の地球物理学科の教授は、「天体が、43度の角度から地表に衝突した」と結論づけたと現地では報じられています。

仮に天体の衝突だとして、この程度の規模の衝突と爆発が、たとえば日本の大都市などに発生したと考えますと、被害はかなりのものとなると考えられます。

実は、最近また、隕石による火球や、地球に接近する天体が増えていまして、そういう方面の事象も今後、多少増えるかもしれません。







-異常な現象, 自然災害, 隕石と小惑星
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.