これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 奇跡の光景 異常気象

厳寒の中、世界各地で発生が続く奇跡的な輝きを見せる「光柱」たち

投稿日:

2019年2月15日 カナダ南部のショーナボンで撮影された光柱


Chris Attrell




 

今年はヨーロッパや、ロシア、北米大陸などの広い範囲で、非常に厳しい寒波が続いています。

そのような中で、大気中の凍結した氷粒に光が反射して発生する「光柱」が、世界の多くの場所で観測され続けています。

冒頭のカナダ・サスカチュワン州のショーナボンは、アメリカのモンタナ州との国境に近い町ですが、このような幻想的ともいえるような壮大な光柱が観測されていました。

2月15日 カナダ・ショーナボン


Chris Attrell

この他にも、各地でとても美しい光柱、あるいは、やはり低い気温の中でのみ発生する「ダイヤモンドダスト」と呼ばれる現象とも似たような「光の塔」なども見られています。

この 10日くらいのあいだに出現した、そのような光の現象をご紹介させていただきたいと思います。

 

2019年2月の光柱とダイヤモンドダストのいくつか

2月上旬 カナダ・アルバータ州の空を飾った幻想的な光柱


Darlene Tanner / Bav Media


Darlene Tanner / Bav Media

2月8日 フィンランドのキッティラに出現した「光の塔」


mra_99

2月14日 ロシア・サラトフでの光柱


Instagram


Instagram

2月9日 ロシア・サマーラの光柱


Instagram


Instagram

 

各地気温の劇的な低下と共に、色彩も明るさもかなり印象的なものが多くなっています。

春も近くなってきたとはいえ、以下の記事のように、中国では海面が凍結し、数百隻の漁船が立ち往生しているというような氷河期的な報道が今もなされているわけで、大気の動き次第では、まだ激しい寒さが続く場所もあるのかもしれません。

中国の大連の沖で海面が大規模に凍結し、少なくとも100隻以上の漁船が氷の中に取り残されている

そのような際に、極めて気温が低くなった場所では、他のいくつかの条件が必要とはいえ、先ほどのような美しい光柱が出現しやすくなりますので、まだもう少しの間は、輝くような光柱を見られることがあるかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-ミニ氷河期の到来, 奇跡の光景, 異常気象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.