これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 奇跡の光景

極寒のカナダの大気の中に幻想的な光柱が出現

投稿日:

2019年 11月26日 カナダ・エドモントンにて

facebook




 

非常に低い気温の地方で、いくつかの条件が揃った際に「光柱」という光学現象が出現することがあります。

この現象は、普通は、極地やロシア北部などの極めて気温が低い場所に、1月や2月などに出現するものなのですが、11月26日、カナダのエドモントンという街で光柱が観測されました。

11月26日 カナダ・エドモントン


fobosplanet


facebook

カナダのエドモントンは、アルバータ州にある街で、それほど緯度が高くはない、こういう場所で 11月に光柱が観測されるのは珍しいことです。

エドモントンの位置

Google Map

光柱は、大気中の氷粒に光が反射する現象で、気温は少なくとも -10℃以下などの低温でないと出現しませんが、この日のエドモントンの光柱は、上に伸びる光と共に、四方に光が広がる様子が、幻想的な光景でもありました。


fobosplanet

この2年ほどは、冬の光柱の観測がとても多くなっていますが、北米など、北極からの冷たい大気が頻繁に訪れ、極めて低い気温となりやすくなっている場所では、今後も冬の間に、このような光柱が次々と出現しそうです。







-ミニ氷河期の到来, 奇跡の光景
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.