これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

洪水の時代 異常気象 自然災害

繰り返されるサウジアラビアの洪水。すでに今のアラビア半島の砂漠は「日本より雨が多い」状態に

投稿日:

2019年2月9日のサウジアラビアの報道より


arabic.rt.com




 

昨年以来、アラビア半島では、豪雨や洪水が何度も発生していまして、最近では、1月の終わりに以下の記事で取りあげた洪水がありました。

サウジアラビアの砂漠がまたも黙示録的な大洪水に襲われている

その大洪水から、10日ほどしか経っていない 2月9日ころから、サウジアラビアで大雨が降り続き、またも洪水に見舞われていることが報じられています。


fobosplanet


fobosplanet

1月の終わりから断続的に続く豪雨と洪水により、これまで、サウジアラビア全土で 14人が死亡していると伝えられています。

そして、各地で、家屋や施設、道路などが洪水により大きな被害を受け続けているそうです。

まあ、もともとサウジアラビアのインフラは「大きな洪水を想定していない」上で築かれたものでしょうしね。

洪水の後の道路の様子


arabic.rt.com

大雨で溢れるサウジアラビアのダム


arabiaweather.com

サウジアラビアの気象ニュースを見てみますと、2月9日頃から現在(2月13日)に至るまで、「サウジアラビアのどこかでは雨が降っている」という、何だか、日本の梅雨時のような天気状況となっています。

毎日、サウジアラビアのどこかの上空を悪天候を伴う低気圧が通過しています。

そして今年の日本は、本州などを中心に、実に雨が降らないカラカラの状態が続いていますので、今のサウジアラビアは「日本より多く雨が降っている」という状況とも言えるかもしれません。

本来は、この時期の日本の雨量はサウジアラビアの 5倍から 10倍はありますが、どう見ても、今はサウジアラビアのほうが雨量が多いです。

そう考えますと、今のサウジアラビアの気候は確かにおかしいですが、今の日本の気候も十分におかしいということに気づきます。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-洪水の時代, 異常気象, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.