これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

洪水の時代 自然災害

雨が2ヵ月降り止まない : 東アフリカのウガンダで歴史的な大洪水が発生中

投稿日:

子どもたちを救助するウガンダ赤十字のスタッフたち

Twenty five dead, scores missing in Uganda floods




 

先日、アフリカ南部が「 100年ぶりの大干ばつに見舞われている」ことについて、以下の記事で取りあげさせていただきました。

アフリカ南部で100年に1度の干ばつ。世界三大瀑布のビクトリアの滝は干上がり、ナミビアでは建国以来最悪の水不足に

記録的な干ばつが発生しているのは、アフリカのナミビア、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ、南アフリカなどですが、そこから少し北にのぼった東アフリカに属するウガンダでは、「記録的な洪水」に見舞われています。

10月下旬から雨が降り止むことなく降り続けているようなのです。

2019年12月のウガンダ各地の様子


observer.ug


fobosplanet


irishtimes.com


Martha Leah Nangalama


All East Africa

このウガンダの洪水は、少なくとも過去数十年では最悪のものとされていまして、現在までに少なくとも 25人が死亡し、数十人が行方不明となっています。

このウガンダを含めて、東アフリカのブルンジ、エチオピア、ケニア、ソマリア、タンザニアなどでは、地域的に、11月以来ずっと雨が降り続けている場所があり、壊滅的な洪水が発生していることが報じられています。

位置関係としては以下のようになります。

ビクトリアの滝が干上がるような極端な雨不足に見舞われているザンビアの隣国であるタンザニアは、記録的な大雨による大洪水が発生しているということになっているという、ややムチャクチャな気候配置となっているようなのです。

これら東アフリカの国々は、現在、約 200万人が洪水の影響を受けていると報じられています。

地域によっては「過去2ヵ月間、ほぼ絶え間なく雨が降り続けている」とのことで、歴史的にも例がないような大雨が続いているようです。

この雨は、少なくとも 12月末までは続くと予測されており、洪水の被害がさらに拡大することが懸念されています。

ウガンダなどでは、今回の洪水により都市機能やインフラそのものが大きく破壊されており、復興には莫大な費用がかかると見られていて、決して経済的に裕福な国ではないだけに、再興への道のりは厳しいものになる可能性があります。







-洪水の時代, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.