これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 異常気象

北欧各地で5月としては観測史上最低の気温を記録。ノルウェーでは、158年以来の寒さに見舞われる

投稿日:

5月11日のスカンジナビア半島各地の最低気温

pogodaonline.ru

5月11日、東欧から北欧などにかけて、季節としては異常といえる寒波に見舞われ、各地で軒並み平年の気温を大きく下回りました。

ノルウェーなど北欧の一部の地域では観測史上で最も低い気温を記録しています。

5月11日  寒波と降雪に見舞われたノルウェーの首都オスロ

bloomberg.com

この「5月の氷河期」の様相を呈した各地の気温などをご紹介します。

Sponsored Link


 

5月11日の東欧、北欧の各地の最低気温は以下のように記録されています。

・ストックホルム(スウェーデン) -4.7℃
・オスロ(ノルウェー) 1.0℃
・ブカレスト(ルーマニア) 1.1℃
・タリン(エストニア) -2.7℃
・ボブルイスク(ベラルーシ) -1.2℃
・チェルニゴフ(ウクライナ) -1.4℃

ノルウェーのバルト海にあるヴィスビー空港では、氷点下 7.8℃まで気温が下がったことが記録されました。

最近を通しても、ノルウェーでは、1859年以来、最も寒い5月となっていたりと、北欧、東欧は大変寒い春となっています。

pogodaonline.ru
 

5月11日のルーマニアの気温

pogodaonline.ru

このように「ヨーロッパが寒冷化していく」ことに関しては、少し前から予測されていたという事実もあります。

大西洋で拡大する「異常に冷たい海域」と、海流システムの異変が招く地球の行方
 In Deep 2015/10/16

という記事でご紹介したことがありますが、ヨーロッパ全域が、比較的温暖な気温であり続けている理由は、アメリカのメキシコ湾からの海流などを含めた、「暖かい海流がもたらされているから」ということがあります。

それがなければ、北極からの冷たい海流ばかりが押し寄せ、人が住めるような温暖のない地域となってしまうのです。

ところが、現在、そのメキシコ湾の海流が弱くなっていて、今のままの状態が進むと、下のように「ヨーロッパに暖かい海流が届かなくなる」可能性が指摘されています。

・AccuWeather

これが今後も続いていきますと、ヨーロッパは他の地域より先に「ミニ氷河期」的な状態となっていくという可能性が強いです。

今後何年間かをかけて、ヨーロッパの気温は大きく低いほうへと変化していく可能性があります。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.