これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常気象 自然の力 自然災害

オクラホマ州タルサを襲った季節外れの巨大竜巻後の惨状

投稿日:

2017年8月6日の米国の報道より

abc news

竜巻が通り過ぎた後のオクラホマ州タルサ

usatoday.com

fobosplanet

Sponsored Link


 

8月6日、アメリカのオクラホマ州のタルサという場所で巨大な竜巻が発生し、非常に大きな被害を出したことが報じられています。

アメリカでは今や巨大竜巻は珍しくもなんでもないですが、ただ、8月に入ってからねこれだけ大きな被害が出る竜巻というのは大変珍しいそうで、そのために冒頭の ABC  ニュースのタイトルに「稀な」とあります。

規模だけではなく、8月に入ると、本来ならアメリカの竜巻の発生数自体が急激に減少していきます。

アメリカの月ごとの竜巻発生数の平均(1991-2010年)

・NOAA

そんな中で起きた今回の巨大竜巻の威力は、竜巻の被害を示す世界基準数値「改良藤田スケール」で「 EF2 」を記録しました。

改良藤田スケールは低いほう(EF0)から最も高いほう(EF05)までの6段階となっていますので、EF2 はそれほどではないと思われるかもしれないですが、現実的に発生する竜巻の中で EF2 は壊滅的な被害を示すもののひとつです。

現実、EF3 以上の竜巻というのはほとんど発生することはありません(EF3で 3%程度、EF4は 1%より低い)。たとえば日本の場合だと、 EF3 までの竜巻しか発生したことがないという事実もあります。そういう意味では日常で発生し得る中では、最大クラスともいえるのが EF2 といえ、それが8月に発生したというのが異常な部分かもしれません。

EFスケールと相対度数(発生頻度 / %)

EF0 風速105-137km/h 相対度数 53.5%

EF1 風速138-178km/h 相対度数 31.6%

EF2 風速179-218km/h 相対度数 10.7%

EF3 風速219-266km/h 相対度数 3.4%

EF4 風速267-322km/h 相対度数 0.7%

EF5 風速322km/h以上  相対度数 0.1%未満

今回は、そんな竜巻に見舞われたオクラホマ州タルサの様子ご紹介します。

きわめて短時間の間に「文明を消し去る」竜巻の力がわかります。

2017年8月6日 オクラホマ州タルサ

KTUL

 

Weather Channel

 

fobosplanet

 

KTUL

 

ktul.com

 

fobosplanet

 

ktul.com

 

KTUL







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-異常気象, 自然の力, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.