これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 疾病と感染症

Covid-19パンデミック 最新情報 2020-03-15 中国で再び感染が急拡大している可能性が発覚

投稿日:


coronavirus

2020年03月15日
(中国の統計に信憑性がないため中国を除外しています)
中国以外の感染確認数 75,620人 (前日比 +11,077人)
中国以外の死者数  2,633人 (前日比 +394人)
中国以外での致死率 3.4%
日本の感染者数 804人 (前日比 +70人)




 

中国当局発表の新たな感染確認数が「0」になる中で

感染拡大の無秩序な増加ぶりが変化していません。

ヨーロッパでは、イタリアに続き、スペインが非常事態宣言と共に、事実上の封鎖措置をとり、フランスでは、食料品店と薬局以外のすべての店舗の休業とする政府決定をしました。

スペイン全土で原則外出禁止、新型コロナで非常事態宣言

新型コロナウイルス感染者が急増したスペインのペドロ・サンチェス首相は14日、感染拡大を防ぐため、全土で人の移動を制限すると発表した。仕事や病院の受診、食料品の買い出しなどの場合を除き外出を禁止する。 (AFP)

ただ、封鎖措置の効果については、こちらの記事にも書きましたけれど、時期的にすでに遅いですので、どれほど効果があるのかよくわかりません。

アメリカのジョンス・ホプキンス大学の医学者は、「現時点で、アメリカの 50万人以上が新型コロナウイルスに感染している」とメディアに述べています。

いずれにしましても、この指数関数的な増加は、まだしばらく続きそうですが、発生源とされる中国では、3月15日の時点で、冒頭の表にありますように、「新たな感染確認者が出なかった」ということになっています。

事実ならば、めでたい話ですが、現実には、中国のソーシャルネットなどに出回る写真や動画から、

「中国では、感染がさらに拡大している。あるいは再度拡大している」

ことがうかがえます。

まず、武漢のある湖北省ですが、湖北省に通じる高速道路は、先日、封鎖が解かれたのですが、3月12日に「再び封鎖」されたことが示されていました。

3月14日にソーシャルネットに投稿された動画より

wuwenhang

3月10日に、武漢に習近平主席が訪問したと報じられていますが、3月12日というのは、その翌々日です。習主席が訪問した2日後に、再び湖北省を封鎖したということになるようです。

また、中国政府は、新たな患者が減少したとして、武漢に建てた臨時病院をすべて閉鎖したと発表していますが、現在、遼寧省錦州市という場所に「新たな臨時病院」を建設していることが報じられていました。

遼寧省錦州市に建設中とされる臨時病院

NTD

錦州市には、同じように建設中の病院が少なくとも他に3つあるようです。

同じ報道では、武漢の人たちの話として、閉鎖した武漢の臨時病院を退院した人たちの多くは完治しておらず、ウイルスを持ったまま病院から出されたと述べています。

つまり、感染したまま日常に戻ったことになるようです。武漢の人は、これがまた新たな大規模感染につながるのではないかと懸念しているようです。

中国共産党は、ビジネスを含めた「経済活動の復帰」を熱望しているために、数字上は、感染者が減少し続けており、ついには、本日のように「新たな感染者数はいなかった」としましたが、実際には、流行は収まっていないようです。

なお、こちらの報道では、武漢では、すでに「感染者がいなくなったので、新型コロナウイルス検査そのものを中止した」とあります。

つまり、現在の武漢は検査そのものをしていないので、「今後、武漢から数字として感染者が出ることはない」ことになり、新たな感染者は「 0 」のまま推移しそうです。

中国政府が強引に経済活動を再開した場合、感染の第二波が襲ってくる可能性もあります。







-パンデミック, 疾病と感染症
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.