これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 異常な現象 疾病と感染症

新型コロナウイルスの「感染致死率」が劇的に低下。現在の致死率はパンデミックが始まってからの30分の1に。風邪より軽くなった病気には、もはや検査も対策も不要のはず

投稿日:




 

最近、またコロナ感染確認数が増える地域が多くなっています。たとえば、以下は、アメリカとシンガポールの 7月1日までの過去 3ヵ月の新たな感染確認数の推移ですが、確かに過去 3ヶ月の最高レベルにあります。

アメリカ

ourworldindata.org

シンガポール

ourworldindata.org

 

しかし、もうこんな「検査」ということ自体が馬鹿馬鹿しいのではないかというデータが出ています。

英デイリーメールが、オックスフォード大学による分析データを記事にしていまして、

「新型コロナウイルスの致死率が著しく下がっている」

ことが示されているのです。

もはやインフルエンザより低いというようなものとなっていまして、感染者 3000人に 1人未満が亡くなるという率になっているのですが、これを年齢別に修正すれば、おそらくは、

「若年層のコロナ致死率は、限りなくゼロに近い」

と見られます。

これは今までもそうだったのですが。

以下は、昨年 12月の記事で、ドイツの調査で、基礎疾患のない 5歳から 17歳の、新型コロナでの死亡数は、

「ゼロ」

だったことが判明したことを取りあげています。

 

[記事] ドイツの調査で、基礎疾患のない5歳から17歳の子どもたちの新型コロナでの死亡数は「完全なゼロ」であることが判明。一方、ワクチンによる子どもたちの被害は
 In Deep 2021年12月11日

 

高齢ではなく基礎疾患もないのなら、もともとコロナは、「まったくなんでもない病気」だったのですが、その致死率がさらに下がっているのです。

「対策」など必要でしょうか。

すべての「対策」を放棄する段階に来ていると思います。今でさえ、子どもや若者たちは、すでに「マスクを取るのがこわい」というようなメンタルヘルスの問題を抱えるようになってしまっています。

このメンタルの毀損と集団催眠の観点からは、社会を「マスクなしの正常化」に導くのには、大変な時間がかかるかもしれないという事態となっているのです。

当局が「もう全部対策はやめる」と言わないと、どうしようもなくなっている。

さらにいえば、現在の問題は、ワクチン(伝播)後の免疫不全による赤ちゃんたちの重大な病状のほうにあると思われ、ワクチン接種の停止というのも急務かと思われます。

 

[記事] 世界中に広がる子どもの免疫消失 : オーストラリアでもコロナ、インフルエンザ、RSウイルスの3種のウイルスに「重複感染」して入院する赤ちゃんが急増
 In Deep 2022年7月2日

 

自然のコロナのほうはどんどん弱毒化しているのに、ワクチンのスパイクタンパク質は、武漢型をさらに強化した毒性の強い状態のままです。

検査もワクチンも含めて、もう何もかも対策を放棄するべき時期に来ています。

デイリーメールの記事をご紹介します。




 


最近の症例の急増にもかかわらず、コロナによる死亡率はかつてないほど低くなっている

Death rates from Covid are lower than ever before despite recent surge in cases, analysis reveals
Daily Mail 2022/06/29

分析によると、コロナによる死亡率はかつてないほど低くなっている。

専門家たちによると、感染者 3,000人に 1人未満がコロナウイルスで死亡しているため、最近の症例の急増を恐れる必要はほとんどない。

オックスフォード大学による公式データの分析によると、ワクチン保護と自然感染の組み合わせにより、パンデミックが始まって以来、「感染致死率」は約 30分の1に低下した。

統計学者のジェイソン・オケ氏とともに分析を行ったオックスフォード大学エビデンスベース医学センターのカール・ヘネガン教授は、次のように述べている。

「今、私たちは、季節性インフルエンザに匹敵する、3,000人に 1人未満のコロナの感染致死率を見ています。だからこそ、英国政府は、懸念する必要はなく、制限の必要はないとの結論に達したのです」

しかし、専門家たちは、オミクロン変異体の2つの新株である BA4と BA5を注意深く見守っている。英国国家統計局(ONS)のデータによると、6月18日までの週に約 170万人がコロナに感染したが、これらの BA4と BA5株が優勢だとした。

入院件数も増加しており、先月の 5月下旬の約 450件から現在は約 1,000件へと倍増した。

オケ氏は、毎日の「スポット率」を算出することにより、死亡率が時間の経過とともにどのように変化するかを計算した。彼は、特定の日に新たに感染したと考えられる人の数と、約 1か月後の 1日の死亡者数の公式推定値を比較した。

ヘネガン教授は、以下のように述べる。

「パンデミックの間、最悪のシナリオに行き過ぎてしまう傾向がありました。私たちは、より多くの制限で、自分自身を怖がらせる危険を冒しています」







-パンデミック, 異常な現象, 疾病と感染症
-

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.