これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

太陽活動と宇宙 気になるニュース 異常な現象

太陽の半分の大きさの輝きを保ちながら地球に接近するはずだったアトラス彗星が「宇宙でバラバラに崩壊」してしまった

投稿日:

2020年3月14日に撮影された崩壊前のアトラス彗星 / 2019Y4

Martin Gembec, sci-news.com




 

以前、In Deep の以下の記事で、「巨大な彗星が地球に近づいている」ことにふれたことがあります。

https://indeep.jp/the-end-sight-is-everywhere-april-2020/

記事は、4月上旬のものですが、当時、この彗星アトラスは、以下のように「太陽の半分の大きさを持つ彗星」というように報じられていました。


BIN

場合によっては、肉眼で見ることができる彗星としては過去最大クラスのものとなる可能性もあると言われていました。

ところが、この彗星アトラスは、その後、

「ほぼバラバラになってしまった」

ことが観測でわかったのです。

以下は、4月20日に撮影されたアトラスですが、「 4つの破片となっている」ことがわかります。

2020年4月20日 崩壊して四つの破片となった状態の彗星アトラス

sci-news.com

4月10日過ぎくらいに、アトラスは「二つに分断した」ことが示されていました。

4月12日 二つに分裂した彗星アトラス

sci-news.com

その後、4月18日には、四つに分裂していることが示されました。

4月18日 四つに分裂した彗星アトラス

sci-news.com

この後も分裂と破片化が進行していくのか、このままの状態が続くのかはわからないですが、いずれにしても「史上最大級に明るい彗星が空に登場する」という可能性は消えてしまったようです。

場合によっては、このまま細分化が進んでいき、「自然消滅」する可能性さえ出てきてしまいました。

肉眼で大きな光を見ることのできる可能性のあった彗星でもありまして、その光景が期待されていた部分もあるのですが、緑の光を見ることは難しくなったようです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-太陽活動と宇宙, 気になるニュース, 異常な現象
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.