これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

ミニ氷河期の到来 気になるニュース 異常気象

地球での「観測史上の最低気温」が南極において更新される。その気温は何と「マイナス97.8℃」。これは深呼吸をすれば死に至るレベル

投稿日:

6月28日の米国の経済誌フォーブスの記事より


Forbes

Sponsored Link


 

この 6月25日、国際的な地質学の専門誌「ジオフィジカル・リサーチ・レターズ (Geophysical Research Letters)」に、

「地球の観測史上で最も低い気温を記録した」

という論文が発表されました。

これは、衛星データを解析したことによって得られたもので、これまで観測された南極での最低気温 -89.2℃を更新し、「 -97.8℃(華氏 -144度)」という記録が作られたのでした。

このニュースは、冒頭に載せましたアメリカの経済誌フォーブスで取りあげられていたことでもわかるように、科学系メディアだけではなく、さまざまな媒体で大きく報じられていました。

なお、これまでの記録だった -89.2℃が観測されたのは、ロシアのボストーク南極基地で、それは 1983年のことでしたので、35年ぶりに新しい記録が発表されたということになります。


Location of Vostok Station, Antarctica

ちなみに、ナショナルジオグラフィックなどによれば、この -97.8℃、あるいは、-89.2℃でも同じでしょうけれど、このレベルの気温になりますと、

「数回呼吸するだけで肺出血を起こしてしまう」

のだそう。

まして、思いっきり深呼吸などしたら、即死に繋がりかねない気温でもあります。そのため、実際にそのような気温に近い場所に行く場合は、呼吸する前の空気を暖めるマスクを着用するようです。


Antarctica New Zealand

ちなみに、ナショナルジオグラフィックの記事では、そこに出てくる極地研究者の科学者(今回の調査には参加していない方)が、「地球温暖化のために、今後は、このように地球の最低気温が更新される機会は減っていくことになると思われます」と述べていましたが、今回の最低気温が確認された時期自体が「地球温暖化と言われ続けている中で」のことではあり、どうにも珍妙な響きとはなっています。

まあ、地球が温暖化していようが寒冷化していようが、それは結果としてしかわからないとはいえ、南極においての最低気温は着々と更新されているようです。

南極の寒冷化については、他にも数多くのデータが揃ってきていまして、そのうちご紹介したいと思います。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-ミニ氷河期の到来, 気になるニュース, 異常気象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.