これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常気象 自然災害

深刻な森林火災が続くオーストラリアが、今度は壊滅的な雹嵐に見舞われ、当局は「大災害」を宣言

投稿日:


npr.org




 

数ヶ月間にわたる深刻な森林火災が続くオーストラリアですが、この 1月に入り、それに加えて、豪雨や雹(ひょう)嵐、ダストストーム(砂嵐)など様々な自然災害に襲われています。

1月20日には、オーストラリアの広範囲が「雹嵐」に見舞われ、非常に大きな被害が出たことが報じられています。


BBC

以下は、ツイッターに投稿されていた雹嵐の様子です。
屋外での誕生パーティの途中で、このような雹に襲われたとあります。

ちなみに、この場所のこの時の気温は 30℃で、天候は「晴れ」だったそう。

雹のサイズは、最大でゴルフポールほどにもなり、建物や自動車などの多くが深刻な被害を受けたことが伝えられています。


financialexpress.com

このオーストラリアの広範囲の雹嵐について、当局は「カタストロフ(大災害)」を宣言したと報道にありましたが、こういう表現を見たのはこれが初めてです。

2020年1月21日のオーストラリアの報道

4bc.com.au

この前日のオーストラリアのニューサウスウェールズ州では、「大規模な砂嵐」が発生したりと、オーストラリアは自然災害が続いているようです。

2020年1月19日 ニューサウスウェールズ州での大規模砂嵐

BBC

現在のオーストラリアの森林火災は、長く続く干ばつの中で規模を大きくしてきましたが、この 1週間ほどの間には、オーストラリアのビクトリア州、ニューサウスウェールズ州などは「大雨」に見舞われ続けていて、洪水が各地で発生し、被害を出していました。

この雨は、洪水の被害を出したと同時に森林火災の規模をやや縮小したようで、その前の週に 150カ所で発生していた山火事が、大雨の後には、約 70カ所に減少したとのことです。

しかし、BBC は、

「山火事の完全な終息には程遠い」

報じています。

オーストラリア当局は、火災シーズンはまだ数カ月は続くとしており、そして、オーストラリアで山火事が最も多く発生するのは毎年 2月ということで、警戒を強めています。

非常に多くの自然災害が発生しているオーストラリアですが、世界的な気象状況を見ていますと、北半球も今後同じような状況、つまり「多種多様な自然災害に襲われる国や地域」が、数多く出てくることが予想されます。







-異常気象, 自然災害
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.