これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象 自然の力

シリア、イラク、アルジェリア、そして欧州とロシアにも…。前例のない規模で広がるサハラ砂漠の強大な砂嵐がもたらす「赤やオレンジの光景」

投稿日:

2018年3月24日 シリアの非営利組織エナブ・バラディットの報道より


Enab Baladit

3月24日 アルジェリアのトゥーグラ市にて


Chawki Lamniai

Sponsored Link


 

先日、ギリシャのクレタ島の光景が「サハラ砂漠からの砂嵐で真っ赤に染まる」という出来事をご紹介しました。以下の記事です。

https://earthreview.net/crete-greece-in-real-red-march-2018/

この赤い光景をクレタ島にもたらしたのは、アフリカ大陸のサハラ砂漠からの強力な砂嵐でした。

その後、さまざまな国や地域の報道を見ていましたら、この砂嵐の影響の範囲が極めて大きかったことを知りました。

サハラ砂漠の周辺の国々や中東の一部では、文字通り、「真っ赤な光景が広がる」という場所が多くあったことが報じられています。

冒頭の2つめは、アルジェリアのトゥーグラという町の 3月24日の光景で、まさに「真っ赤」に染まっています。

その他にも、アルジェリア中部から北部では各地で赤い光景が広がりました。

そして、この砂嵐は、北アフリカや中東を越えて、ヨーロッパからロシアにまで影響を与えたようで、ロシアのソチや隣にあるジョージアでは、この翌日にかけて、「オレンジ色の雪が降った」ことが報じられていました。

3月25日のロシアの報道より


tourdom.ru

この報道でも、「サハラ砂漠からの砂嵐のため」と説明されています。

他の報道などを読みますと、この砂嵐は、サハラ砂漠周辺から、北アフリカと中東を通り、ブルガリアやウクライナ、そして、ロシアにまで影響を与えたということになるようです。

他に、シリアやイラク、エジプトなどでも「風景が赤く染まった」ことが報じられていましたので、大ざっぱにその範囲を書きますと、この砂嵐の影響の範囲は以下のようになるかと思います。

2018年3月24-25日のサハラ砂漠の砂嵐の影響エリア


Google Map

報道の中には、映画『地獄の黙示録』 (原題:Apocalypse now)をつけたりしているものもあり、ヨーロッパ各地では、それなりにショッキングだったようです。

3月26日の報道より


9news.com.au

過去の記録等はよくわからないのですが、これだけ欧州で大きく報道されているということは、サハラ砂漠の砂嵐がヨーロッパにまで影響を及ぼすということは、知られている範囲の過去では、ほぼなかったことなのだと思われます。

そして、これもまた「地球の大きな大気の流れの変化」を現している現象のひとつなのだと認識できる事象だと思えます。




-気になるニュース, 異常な現象, 自然の力
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2018 All Rights Reserved.