これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

異常な現象 自然の力 自然災害

カリフォルニアの山火事の現場で「巨大な炎の竜巻が出現」。それはまさに黙示録の様相で

投稿日:

7月26日 米カリフォルニア州レディング近郊の光景


Shasta S. Heart. via @Strange_Sounds




 

アメリカのカリフォルニア州で発生して拡大が続いている山火事は、完全な終息の目処が立たないようで、今も続いています。

その様相は、むしろ激しくなっていっている感じもあり、最近のいくつかのカリフォルニアの山火事の報道を見ていると、「黙示録的」と言わざるを得ない光景などが載せられています。

下の写真は、7月31日の CNN の報道にあったものです。

米CNNの報道より


A fire tornado with 143 mph winds hit Redding during Carr Fire

煙で赤く染まる太陽の中を消化ヘリコプターが飛び交う様子は、戦争映画的ともいえるものです。場所は、最も激しい山火事となっているレディングという街の周辺だと思われます。

カリフォルニア州レディングの場所

Google Map

このレディング近郊で、7月26日、

「巨大な炎の竜巻」

が発生していたことがわかりました。

これは、アメリカ国立気象局が 8月2日に報告してわかったものです。

炎の竜巻


strangesounds.org

アメリカ国立気象局が8月2日に発表した報告書


NWS Sacramento

炎の竜巻は、日本語では「火災旋風」(Fire whirl )というように言われて、山火事の中で起きることはあるものです。

しかし、今回のものはその規模がとても大きく、このような炎の竜巻は、これまでほとんど発生したことがないものではないでしょうか。

炎の竜巻を報じる米CBSニュースより


Fire Whirl In Carr Fire Equal To EF-3 Tornado


Fire Whirl In Carr Fire Equal To EF-3 Tornado

なお、この炎の竜巻によって、3名の方が亡くなったことが報じられています。

カリフォルニアのこの山火事の今後につきましては、現在のカリフォルニアでは異常ともいえる高温と乾燥が続いていることもあり、地元の消防当局も「今後さらに大規模な山火事が発生する可能性が高い」と述べていまして、先行きはかなり不透明となっています。

気候次第では、このような黙示録的な光景がまだまだ拡大してしまうことになっていくのかもしれません。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-異常な現象, 自然の力, 自然災害
-, , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.