これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

隕石と小惑星

衝突すれば核兵器「30億発分」の衝突エネルギーを持つ小惑星 2009 ES が地球付近を通過

投稿日:

2016年9月16日の米国Aolニュースより

apocalyptic-asteroid-2009esAol News

 

最近、中国科学アカデミーが保有する南京の紫金山天文台が、衝突すれば、核兵器 30億発分のエネルギーを持つとする小惑星「 2009 ES 」を望遠鏡でとらえ、地球と月の 18.8倍の距離を通過したと発表しました。

地球と月の距離の 18.8倍(18.8LD)は、約720万キロとなりますが、天文学的にはこの規模の小惑星としては、かなり地球と近い場所を通過したことになります。

紫金山天文台
pmo-china15tianqi.cn

その発表は、中国科学アカデミーのサイトにあるのですが、地球に最接近した日の正確な日付け、大きさ、その他どうも詳細がよくわかりません。

Sponsored Link



小惑星の名称は、基本的に「初めて発見された年」と認識していますので、2009 ES と名付けられているということは、2009年に発見されたものということになりまして、それならば、NASA など、世界の天文観測機関に登録されているはずです。

そこで、NASA のジェット推進研究所データベースを見ましたら、2009 ES は登録されており、軌道も計算されていました。

2009 ES は、9月22日現在、下の軌道をとっていて、図の上では地球と重なり、文字が読めないと思いますが、地球のかなり近くにあるようです。

2009ESの9月22日の位置

2009es-orbitNASA JPL

8月から10月くらいまでの軌道上の動きは下のようになります。

 

よくわからないですけれど、おそらく、最接近の日はもう過ぎているようです。

普通は、このくらいの接近距離の軌道コースを持つ小惑星は、スペースウェザーに一覧として示されるのですが、この 2009 ES については載っていません。

NASA と中国科学アカデミーでの観測結果の違いの問題なのでしょうかね。

いずれにしてもこの、最近の地球に接近したものとては未曾有の巨大小惑星は(おそらく)無事に通過していったようです。

ただ、何となく釈然としない部分も残るこの小惑星騒動ではありました。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-隕石と小惑星
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.