これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

パンデミック 大量死 異常な現象

日本の2021年の年間死者数の前年比の増加が「東日本大震災があった2011年」を超える

投稿日:




 

2022年になりましたが、昨年 2021年というのは、東北での大震災から 10年目でもありました。

この年は関連死を含めれば、日本の歴史の中でも大変な災厄の年でもありました。

2011年の日本での 1年間の死亡数は、前年比 5万6054人増という未曾有な死者の増加の年でした。

ところが、厚生労働省の人口動態速報値(2021年10月まで)では、

「 2021年の日本の死亡数の前年比の増加数で、その東北の震災の年を超えた」

ことが示されています。

2011年からの数値を示しておきます。


 

2011年-2021年までの死者数の前年比と人口増減

             死亡数の前年比

2011年 (東日本大震災)   5万6,451人資料

2012年             3,188人資料

2013年          1万2,073人資料

2014年            4,584人資料

2015年           1万7,424人資料

2016年           1万7,321人資料

2017年         3万2,685人資料

2018年         2万2,085人資料

2019年         1万8,628人資料

2020年           - 8,338人資料※ このコロナの年だけ前年比で死者が減少

2021年 (10月まで)       6万2,553人資料


 

このようになっています。

2021年は、日本の人口の増減も「マイナス 9万2,762人」と大きくなっています。

令和3年10月分の人口動態統計速報より

厚生労働省

2021年の人口動態統計速報は、 11月と 12月分が今後発表されますが、10月の時点で東北震災の年の死者数前年比を大きく超えていますので、今後もその差は大きくなると思われます。

というか、平時でも、「冬のほうが死者が多い」のが普通です。

以下の記事では、米国とカナダで、「寒さは暑さの 45倍の死者​​を出す」ことが示されていることを取り上げています。

エネルギー危機が今後「経験したことのない過剰死」に直結する予測が。これがジェノサイドの次章となる可能性も
In Deep 2021年11月3日

2021年 11月と 12月はそれ以前の月よりも死者が増加していると思われ、2021年の最終的な死亡数前年比は「これまで見たことのないようなもの」となる可能性があるかもしれません。

そして、2022年はさらに増加するはずです。

ブースターが 4回、5回と進む中で、2023年はさらに増加するはずです。







-パンデミック, 大量死, 異常な現象
-, ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2022 All Rights Reserved.