これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

気になるニュース 異常な現象

ユタ州ソルトレイクシティの上空で多数の人々に目撃された「形や数を変えていく」不思議な光の正体は

投稿日:2017年9月23日 更新日:

9月18日のAOLニュースより

AOL

ユタ州ソルトレイクシティ
Googel Map

Sponsored Link


 

アメリカ・ユタ州最大の都市ソルトレイクシティで 9月18日の夕方、上空に「輝きながら形や数を変える不思議な光」が目撃されました。

ソルトレイクシティ首都圏は人口も多いため(115万人)、このは非常に多くの人たちに目撃され、撮影されたようです。

地上から光に見入る人々

youtube.com

下はその中の動画のひとつで、部分的にクローズアップしたものです。

最初ひとつだった光が「2つに増え」、次に「4つに増え」というように、数を増やしているように見えます。

下は、別の場所から撮影されたものですが、やはり最終的に光が1つから4つに増えていく様子がおさめられています。

AOL

目撃数が多かったために、警察への通報やメディアへの報告も相次ぎ、ユタ州の当局者や科学者たちがコメントを求められる事態となりました。

専門家たちの意見として出たのは、

・海軍のパラシュートチームによる訓練ではないか

・ユタ大学でのサッカーの試合のデモンストレーションではないか

・人工衛星が崩壊して落下したのではないか

・フレア(照明弾)ではないか

・隕石ではないか

などです。

この中で明らかに違うのは、フレア、隕石、パラシュートチームによる訓練でなどだと思われます。というのも、他の動画を見ますと、この光はわりと長時間「真横に向かって進んでいる」のです。さらには、「ジクザグに方向を変えている」ことがわかるものもあります。

HiSPANTV

フレアとパラシュート落下は、風のない状況で真横に長い時間進むことはないでしょうし、隕石はジグザグには進みません。

サッカーの試合のデモンストレーションというのもよくわからないですので、人工衛星の落下なのかもしれないですし他の自然現象なのかもしれません。

最近のアメリカでは各地でいろいろな光が目撃されていますが、全部が衛星の落下だったらすごいですね(それはない)。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

2019年8月26日 鉄砲水に襲われたスペインのアルガンダ・デル・レイ ・telemadrid.es   ヨーロッパ各地で悪天候が繰り返されているこの夏ですが、8月26日、スペインの首都マド ...

3

2016年4月27日の中国人民網の報道より ・people.com.cn   中国浙江省東部の沖合にある普陀山(ふだざん)という島の近くで、上のような、やや不思議な形状をした海洋生物だと思わ ...

4

2019年7月30日のロシアの報道より ・tvzvezda.ru   ベルギー全土の面積ほどの森林が消失 先週、以下の記事で、ロシアのシベリアの広い範囲で同時多発的に山火事が発生し、急激な勢 ...

5

日本気象協会の報道より ・tenki.jp   世界各地で、気象がカオスの状況を呈している中で、日本は、いわゆる自然災害的な気候での被害を今はあまり受けていないこともあり、意識しないような面 ...

6

2019年10月9日の台風19号の衛星画像 ・Reuters 日本を直撃する可能性のある台風としては空前の規模に発達している台風19号、英名:ハギビス (Hagibis)が、日本に向かっています。 1 ...

7

2019年7月6日のドイツの報道より ・wetter.com   In Deep の以下の記事で、オランダで 7月としては観測史上で最も低い「 -1.6℃」が観測されたことを取り上げさせてい ...

-気になるニュース, 異常な現象
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2019 All Rights Reserved.