これまでと、そして、これからの地球と私たち

地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー

動物の異常

人のような直立二足歩行で歩く米国ニュージャージー州のクマ

投稿日:

bear-walking

アメリカのニュージャージー州で、「人間のような直立二足で歩く」クマが話題となっています。

人間以外の動物で、長時間、直立二足で歩くというのは、かなり珍しいことであり、その動きに興味深いものもありましたので、ご紹介しようと思います。

bear-05Daily Mail

こちらがその動画です。

Sponsored Link


 

このクマがいるのは、ニュージャージー州のオークリッジという場所で、この地では少し前から目撃され続けていたようですが、専門家によれば、前足(人間でいう手の部分)を負傷しているため、4足での歩行ができなくなっているのではないかということのようです。

しかし、だとすると、クマは「実は直立二足歩行でも生活できる生き物」だということになり、骨格的な意味として、人間とあまり変わらないことになりそうです。

bear-03

 

動物が2本足で直立歩行を長時間おこなう光景というのは、予想以上に珍しいもので、たとえば、過去記事の、

火を使って料理し、2000語の人間の言語を理解し、パックマンのパワーエサの役割を理解する霊長類「ボノボ」
2015/08/11

という記事では、「マッチで火をおこして料理をして道具を使って食べる」ことや「ビデオゲームのパックマンのルールを正確に理解して遊ぶ」ことや、「人間の言語を理解する」ことのできる「ボノボ」というチンパンジー系の動物をご紹介したことがありました。

料理をするボノボ

pan-01AMAZINGFACTS UNDEFINED

 

このようなボノボでも、歩く時は四足歩行でしたので、このニュージャージー州のクマはなかなか珍しい存在だと思います。

bw-05

パッと見には「急いでいる大きな男の人」というように見えなくもないです。

ちなみに、ニュージャージー州当局は、このクマの捕獲や、施設などへの移送は許可しない方針だとのことです。







人気の記事

1

5月18日に京都府和束町で保護された白いカラス ・NHK 京都で白いカラスが保護されたことが話題になっています。 全身真っ白のカラスはかなり珍しいものということもあり、京都のメディアなどで報じられてい ...

2

・3月28日 ナイジェリアのアクレ。爆発のあった場所に集まる人々。Meez [日報]2020年04月01日の新型コロナウイルスの感染状況 世界全体の感染確認数 85万8916人 (前日比 +7万544 ...

3

・3月3日 竜巻通過後のテネシー州ナッシュビル ABC 5News アメリカ南部にあるテネシー州で 3日未明に複数の竜巻が発生しました。 この竜巻により、テネシー州の主要都市のひとつであるナッシュビル ...

4

6月27日のインドの報道より ・sanjeevnitoday.com 降って来た石 Sponsored Link   最近は、雹(ひょう)などの自然現象も含めて、空からいろいろなものが降って ...

5

アメリカ疾病予防管理センターが発表した今シーズンの米国のインフルエンザの状況 ・CDC   なぜアメリカだけインフルエンザウイルスが凶悪化している? 中国の新型ウイルスの確定患者数は、昨日の ...

-動物の異常
-, , , , , ,

Copyright© 地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー , 2020 All Rights Reserved.